Courtesy HotBox Mobile Sauna

ブルックリンに移動式のクィアスペースサウナが登場

作成者:
Collier Sutter
広告

現在のニューヨークで、浴場やサウナは人気スポットの一つだ。仕事のストレスの解放やリラックス、冬の憂鬱(ゆううつ)さを撃退するなど、さまざまな効果からそのうわさを耳にしている人もいるかもしれない。

ブルックリンの一画、ブッシュウィックに訪れるキャンピングカーのような『ホット ボックス サウナ(HotBox Mobile Sauna)』は、ジムのサウナなどで素早く体力を回復する目的とは一味違う。サウナで過ごす時間を夜遊びに変え、その過程にインクルーシビティ(包括性)を取り入れている。

このサウナは、ジャッキー・オード(Jackie Aude)とポーラ・ウェグマン(Paula Wegman)によって2018年に設立されたもの。内観はまるで移動式の山小屋のようだ。健康的なウェルネス空間での体験をより充実させる地元の生産者やミュージシャン、アーティスト、詩人らとのコラボレーションのほか、カラオケナイトなど、数々のイベントが開催されてきた。

Courtesy Hotbox Mobile Sauna

運営するオードとウェグマンは、クィア女性、トランスジェンダー、そしてノンバイナリーの人々のため、毎週水曜日に神聖な汗だくパーティーを始めた。パーティーの夜、サウナーは約82度ものサウナベンチに座り、合間に屋外シャワーや暖かいチル用のテントでくつろいだり、屋内のポップアップバーで緑茶や昆布茶、ビールなどを飲みながら交流できる。

「私たちは、みんなが自分のままでいられて、お互いに尊重し合え、そして良い気持ちになれる魅力的で前向きなスペースを作りたいと考えています。私たちのコミュニティー、特にLGBTQ+や社会的に軽視されてきた人々にとって、リラックスしながら交流し充電期間のための安全な空間があることは重要です。LGBTQ+の人々、特にトランスジェンダーの人々は、スパやジムなどの場所で差別されることが非常に一般的です」とオードは説明する。

「私たちもクィアです。そして、そして、これらのスペースを私たちのコミュニティーにとってよりアクセスしやすいものにすることが、私たちの最優先事項です」

夜の注目イベントで盛りだくさんのイベントカレンダーによると、過去にはミュージシャンのBabetownとコラボレーションし、クィア女性や、トランスジェンダー、ノンバイナリーの人々のためのディナーパーティーが開催された。参加者は汗をかいた後に、ヘルシーな食事、ジュース、低アルコール飲料に加え、たくさんのフェイスマスクやアロマセラピーグッズなど、ホリスティックなもてなしを満喫できる。

またホット ボックス サウナは以前、ブッシュウッドのピザ店や、リッジウッドの広大な会場といった人気スポットでも屋外でサウナを提供している。

Courtesy Hotbox Mobile Sauna

 「サウナを乗せた車のタイヤの力で熱を生み出し、近隣と協力して裏庭や車道、未使用の区画を改造して、その周りにクィアスペースを作り出す能力は素晴らしい。それはとてもシンプルな良いことです」とオードは言う。

ホット ボックス サウナは、常連客にメンバーシップを提供しており、誕生会などプライベートなパーティーでレンタルすることも可能だ。

原文はこちら

関連記事『自分たちの居場所を作ること

最新ニュース

    広告