Mask on plane
Photograph: Shutterstock

デルタ航空、マスク着用拒否で460人をブラックリストに追加

2020年4月からの人数、従業員向けメモでCEOが報告

作成者:
Anna Ben Yehuda
広告

デルタ航空は2020年4月、機内でのマスク着用に関する厳格なガイドラインを発表したが、誰もがこれを守っているわけではないようだ。報道によると、同社最高経営責任者(CEO)であるエド・バスティアンは、全従業員へ送信したメモのなかで、4月以降マスク着用条件を拒否し、同社の搭乗禁止ブラックリストに載った人は460人だったと明かしている。

ABCニュスによると、バスティアンは同メモに「マスクを着用することは、感染を減らすために当社が取ることのできる最も簡単で効果的な行動の一つであり、それがデルタが以前から、顧客と従業員のためにマスク着用を求めてきた理由です。今週の時点で、我々はマスク着用条件を拒否した460人を搭乗禁止リストに加えました」と記していた。

機内でのマスク着用を求めることだけが、デルタ航空の感染対策ではない。同社は、機内で消毒シートを配り、飛行機は各運行の前に静電スプレーを使って消毒されている。デルタはまた、少なくとも2020年末まで各機の中間席をブロックすることを約束したアメリカのメジャーな航空会社の一つであり、空港ターミナル内の座席も、ソーシャルディスタンスを確保するために依然として封鎖されている。

航空会社のスタッフは、明らかに、世界的な新型コロナウイルスの広がりを抑えようと努力しているが、その広がりはそれほど減速する兆しを見せていない。飛行機を利用する際、我々は感染防止につながることは何でもするべきだろう。まずは、マスクの着用だ。

原文はこちら

関連記事

200種類以上そろうフェイスマスク専門店が東京駅にオープン

ダイドーがマスクの買える自動販売機を設置へ

ユナイテッド航空がマスク拒否客をブラックリスト化

飛行機で新型コロナに感染するリスクは低い? 新たな研究を実施

ヘアカット時に便利な顔にくっつくマスクが登場

最新ニュース

    広告