ニュース / 音楽

タイムアウト東京主催のオープンマイクイベントが開催

タイムアウト東京主催のオープンマイクイベントが開催

タイムアウト東京が主催するオープンマイクイベントの第1回が、11月14日タイムアウトカフェ&ダイナーで開催された。オープンマイクとは、演奏や歌唱、マジックなどジャンルを問わずに誰でも自由に飛び入り参加できるステージを開放したイベントだ。海外ではポピュラーで、東京でもコメディー」を中心とした30人から100人規模のオープンマイクイベントなどが毎週開催され、外国人旅行者や在住者が多く集っている。

今回のイベントでは「音楽」をテーマに、タイムアウト東京では出演者を募集。応募の中から人数を絞り、アコースティックバンドやラッパー、シンガー12組が出演した。ここでは当日の様子を写真とともに振り返りたい。

次回は2019年12月19日(木)に開催予定。出演者の募集もしているので、第2回『マイクをつかめ!タイムアウト東京 オープンマイクイベント』から詳細を確認して、出演やアーティストとの交流を楽しみに気軽に遊びに来てほしい。

 

 序盤にラップを披露した、Anthony Henderson

Chris Baluyut

Jambaloo

 Ilya Osver and friends

イギリス ブライトン出身のElliot Cormack。メキシコ人のJesus Salinasとともに、ニューウェーブバンドKurodecoとしても都内で定期的にライブを行っている。

司会を務めたMaxwell Powers

Grace Li 

Samm Bennett

Kevin Grey

世界の国歌をマスターしたKentaro。会場から次々と飛び交うリクエストを見事に歌い上げていた。 

Kwan

Advertising
Advertising