American Airlines
Photograph: Shutterstock

アメリカン航空、自宅で受けられる出発前PCR検査オプションを提供

アメリカ発の一部路線が対象、検査結果の処理には約48時間

作成者:
Anna Ben Yehuda
広告

アメリカン航空は、顧客がスムーズに旅行できるよう、アメリカからベリーズ、グレナダ、セントルシアへ向かう乗客に自宅でのPCR検査オプションを提供すると発表。この検査は、シカゴ、ロサンゼルス、フェニックスからハワイ諸島へ向かう人にも提供される。

このオプションは同社がLetsGetCheckedと提携して、2020年11月16日(月)から開始。検査結果の処理には標準で約48時間がかかる。

検査の要件は目的地ごとに違い、例えばベリーズへ向かう場合、出発から72時間以内に検査をしなければならない。セントルシアまたはグレナダの場合は、出発までの7日以内に実施した検査で陰性であることが求められる。

この事前検査オプションは、すでにジャマイカとバハマ便の乗客へ提供している。今回の対応拡大は、その成功を反映したもの。

アメリカン航空社長であるロバート・アイゾムは同社のプレスリリースで、「すでに行っている検査は非常にうまく行き、検査を十分に提供できたこと、検査が容易だったことなどについて、顧客からの素晴らしいフィードバックも得られました、アメリカン航空は、安全で積極的な旅行体験を提供しながら、海外旅行の再開と業界の復活を目指しています。今回の段階は、そうした過程における活気に満ちた一歩です」と述べている。

こうしたサービスが、より多くの路線や航空会社へ拡大することを願っている。実現すれば多くの人々が必要としている旅行の予約を、ようやく安心して取れるようになるだろう。

原文はこちら

関連記事

もうすぐ旅行前のPCR検査をオンラインで予約できる時代に

空港など全国5カ所にPCR検査センターを開設

デルタ航空、マスク着用拒否で460人をブラックリストに追加

ユナイテッド航空がマスク拒否客をブラックリスト化

アメリカの三大航空会社、変更手数料を撤廃

最新ニュース

    広告