Etihad Arena
Etihad Arena

アブダビに新たな総合イベント会場、エティハド・アリーナがオープン

開発が進むヤス島内、UFCの代表も視察

作成者: Time Out editors
広告

ヤス島に、工事中だったアブダビの新しいエンターテインメントスポット、エティハド・アリーナ(Etihad Arena)が間もなくオープンする。

同アリーナのデベロッパーはミラル(Miral)社で、運営にはフラッシュ・エンターテインメント(Flash Entertainment)社が携わる。200人から1万8000人規模のイベントが開催可能。具体的なイベントは新型コロナの状況を見て発表されるが、今後は、国内外のアーティストによるコンサートをはじめとするイベントを開催していく予定だ。

ミラル社の社長はTwitterに、総合格闘技「UFC」の代表であるダナ・ホワイトに新アリーナを案内した際の写真をアップ。エティハド・アリーナはUFCにとってアブダビの「新しいホーム」になり得るとして、試合開催を歓迎すると表明している。

ヤス島のウォーターフロントでは、11億ドル(約1,147億円)を投じた開発プロジェクトが進行中。ヒルトンホテルを含む二つのホテル、ビーチクラブ、ボードウォーク、カフェや小売店ユニットなどができる。また周辺には、アブダビにおけるメディア産業特区であるtwofour54も移転する予定だ。

Etihad Arena
Etihad Arena

 原文はこちら

関連記事

ドバイ、外国人リモートワーカー向けの長期滞在プログラムを開始

アブダビ、9月24日から観光客の受け入れを開始

開催延期でも発売、ドバイ万博を記念した金貨と銀貨

シドニー・フィッシュ・マーケットの再開発計画が前倒しで進行

モントリオール市、中心部の通りを都市の森にリデザイン

最新ニュース

    広告