あのホットケーキの名店、日本橋花時計が35年の歴史に幕

あのホットケーキの名店、日本橋花時計が35年の歴史に幕

Advertising

1985年の開店以来、35年間多くの人々に愛されてきた日本橋にある純喫茶の花時計が、2020年2月中旬をもって閉店することが分かった。 SNSでは多くのファンから悲しみの声が上がっている。

看板メニュー『ホットケーキ』は老若男女に愛される味

花時計の定番メニューといえば、昔ながらのホットケーキだ。甘さ控えめのふっくらとした生地を、バターとメープルシロップでシンプルに楽しむことができる。

ランチにはロースハムやソーセージなどの付け合わせを選ぶことが可能。忙しい日本橋の会社員たちの胃袋を支えてきた。注文が入ると、神田のフルーツパーラー万葱で修行したという店主、鳥居達見がカウンターで一枚ずつホットケーキを焼いていく。その仕事の丁寧さも、人気な理由の一つだった。

「今までと変わらず心を込めてホットケーキを焼き続けます」

なお、今回の閉店は日本橋一丁目地区再開発に伴うもの。移転などの情報は現在発表されていない。

 

店頭の張り紙には鳥居の直筆メッセージとともに「閉店まで残りわずかとなりましたが 、今までと変わらず心を込めてホットケーキを焼き続けますので、どうぞよろしくお願いします」と添えられている。

純喫茶がブームとして注目されつつある中でも、全国各地の愛すべき名店がさまざまな理由により、惜しまれながら店をたたむことが後を絶たない。 花時計の閉店まで残りわずかとなった今、最後のホットケーキを味わうべく、ぜひ足を運んでもらいたい。

テキスト:高木望

花時計の詳細はこちら

関連記事東京、ベストカフェ50

Share the story
最新ニュース
    Advertising