山海塾「海の賑わい 陸の静寂―めぐり」

ダンス
山海塾「海の賑わい 陸の静寂―めぐり」
1/2
山海塾「海の賑わい 陸の静寂―めぐり」
2/2

新国立劇場の開場20周年を記念して、舞踏の最先端を担うダンスカンパニー山海塾が公演を行う。日本の美意識から生まれた舞踏は、世界のコンテンポラリーダンスに多大な影響を与えた。パリ市立劇場を拠点に、ほぼ2年に1本のペースで新作を発表している山海塾だが、今作は2015年に初演された『海の賑わい 陸(おか)の静寂―めぐり』の再演となる。現在までにフランス、ブラジル、オーストリア、シンガポール、日本の5ヶ国7都市で上演を重ね、さらに2017年にはフランス、スイス、スロベニアの9都市での公演を予定している作品だ。主宰の天児牛大(あまがつ・うしお)はもちろん、ベテランの蝉丸や気鋭の石井則仁(いしい・のりひと)など、実力派のダンサーたちにも注目してほしい。

関連記事
『インタビュー:石井則仁(山海塾)』

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening