1. Tokyo Metropolitan Teien Art Museum - PR shot
    Photo: supplied
  2. Tokyo Metropolitan Teien Art Museum - PR shot
  3. Tokyo Metropolitan Teien Art Museum - PR shot
    Photo: Tokyo Metropolitan Teien Art Museum - PR shot
  4. Tokyo Metropolitan Teien Art Museum - PR shot
  5. Tokyo Metropolitan Teien Art Museum - PR shot
    Photo: Tokyo Metropolitan Teen Art Museum
  6. Tokyo Metropolitan Teien Art Museum - PR shot
  • アート
  • 白金台

東京都庭園美術館

広告

タイムアウトレビュー

1933年に建てられたこのアールデコ様式の邸宅は、かつては朝香宮殿下と、その后(きさき)であり明治天皇の第八皇女である允子内親王の住居だった。夫妻は、1920年代のパリでアールデコと呼ばれる装飾様式に触れ、帰国後に朝香宮邸を建てた。

大広間や大食堂など、主要な部屋の内装はアンリ・ラパンの手によるもので、玄関のガラスレリーフ扉などはルネ・ラリックのデザイン。建築そのものは宮内省内匠寮の技師である権藤要吉が担当、設計した。館内で行われる展覧会では、作品だけでなく、それらと室内空間の調和を楽しむことができる。

2014年11月に改築された新館には、ホワイトキューブの展示空間が備わり、映像や音楽、パフォーミングアーツなど、より多様で分野横断的な表現の舞台となった。オリジナルグッズを提供するミュージアムショップやカフェも併設されている。

詳細

住所
東京都港区白金台5-21-9
Tokyo
アクセス
JR山手線『目黒』駅(東口)徒歩7分/東京メトロ南北線・都営三田線『白金台』駅(出口1)徒歩6分
営業時間
10時00分〜18時00分(入館は閉館の30分前まで)/定休日は月曜(祝日の場合は翌日)

開催中

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

大正ロマンを象徴する画家で詩人の竹久夢二の生誕140年・没後90年を記念した企画展が、目黒の「東京都庭園美術館」で開催される。 夢二は画業にとどまらず、詩や童謡の創作、封筒や絵はがきなどのデザイン、本の装丁や楽譜の表紙絵など、多彩な芸術活動を展開した。「あらゆる図案、文案、美術装飾」を請け負う「どんたく図案社」の企画や、生活と美術を結ぶことを理念とした「榛名山美術研究所」の建設など、生涯を通じて人々の暮らしを彩ることに関心を向けていた。 東京都庭園美術館は1933(昭和8)年に完成しているが、建築や室内装飾には、夢二が活躍していた過去時代の意匠や空気感がそこはかとなく感じられる。暮らしの中の美を体現する邸宅空間で、夢二の作品世界を堪能できる貴重な機会だ。また、会期中にきものを着て来館すると当日券を100円引きで購入できる。 ※10~18時(入場は閉場の30分前まで)/定休日は月曜(7月15日、8月12日は開館) /料金は1,400円、学生1,120円、65歳以上・中学・高校生700円、小学生以下無料

広告
関連情報
関連情報