Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 A/W

アート
©Japan Fashion Week Organization
©Japan Fashion Week Organization

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

「ファッションの今」と来季のトレンドが生まれる、国内最大級のファッションの祭典が、渋谷ヒカリエと表参道ヒルズを拠点に開催。6日間の期間中、40以上のブランドが独創性に満ちたファッションショーやインスタレーション、映像などを発表する。

イベントを象徴するキービジュアルを手がけたのは、前回と同じく守屋貴行。新型コロナウイルスがもたらした「バーチャル=夢世界」を現実に置き換え、ファッションに落とし込んだ印象的なビジュアルを制作した。

コレクション発表は、3月18日(木)から20日(土)に行われ、meanswhile(藤崎尚大)、IHNN(イン・チソン)、 SHOOP (ミリアン・サンス・フェルナンデス、大木 葉平)が、デジタルプレゼンテーションで参加するほか、Re:quaL=(土居哲也)は、20日にランウェイショーを渋谷ヒカリエで開催する。詳しい日程は公式ウェブサイトから確認してほしい。

なお、オンラインでライブ配信するブランドについては、発表時間に公式ウェブサイトで映像が視聴できるほか、YouTube公式チャンネルでアーカイブも楽しめる。流行が生まれる瞬間を目撃しよう。

 

 

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://rakutenfashionweektokyo.com/jp/
関連情報