Rakuten Fashion Week TOKYO 2022 S/S

  • アート
Rakuten Fashion Week Tokyo 2022 SS
Photo: ©JFWO
広告

タイムアウトレビュー

国内最大級のファッションの祭典が、渋谷ヒカリエと表参道ヒルズを拠点に今年も開催。6日間の期間中、49のブランドがランウェイショーやインスタレーションのほかオンラインで発表を行う。

イベントを象徴するキービジュアルのモデルには女優の橋本愛を起用。制作を手がけたのは、ビームスのグローバルマーケティング ディレクターなどの経歴を持つ戸田慎。キャッチコピーは「我がまま歩く。」で、意志の強さとファッションの情熱を背景の赤で表現したという。

コレクション発表には、『ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)(by R)』『ホウガ(HOUGA)』『ユーシーエフ (UCF)』など14ブランドが初参加するほか、5年ぶりに『ヨシオクボ(yoshiokubo)』や『チノ(CINOH)』も復帰。それぞれのショーの詳しい日程は公式ウェブサイトから確認してほしい。

また、2021年7月30日からSNSなどを用いた参加型キャンペーン『#ファッショが好き_ハッシュタグキャンペーン』がスタート。そのほか、ランウェイやストリートで活躍するモデルが、今期参加ブランドの服を着用するスナップ企画『DIGITAL VOICE  SNAP』など、ソーシャルな取り組みも多く実施される。

詳細

イベントのウェブサイト
rakutenfashionweektokyo.com/jp/
住所
広告
関連情報
関連情報