暁斎・暁翠伝 ー先駆の絵師魂!父娘で挑んだ画の真髄ー

アート
Kyosai Kyosui
1/5
2/5
3/5
4/5
5/5

自らを画鬼と称し、幅広い作風で幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師河鍋暁斎(かわなべきょうさい)と、その長女であり女流画家の暁翠(きょうすい)に焦点を当てた展覧会が、富士美術館で開催される。本展は、今まで浮世絵や挿絵、席画など部分的に取り上げられてきた暁斎の作品を総合的に紹介し、暁翠への画業の伝承までを網羅する。作品のタイトルと解説が全て日本語と英語表記される完全バイリンガル展覧会という、ハイカラだった暁斎ならではの趣向も注目だ。

関連記事
レアな下絵にも注目。画鬼、河鍋暁斎の大規模展がいよいよ開催

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening