ヨコハマトリエンナーレ2017

アート
Yokohama Triennale
1/5
Photo: Keisuke Tanigawa
Karameai by Eva Fábregas at Yokohama Triennale 2020
2/5
Photo: Keisuke Tanigawa
Yokohama Triennale
3/5
Photo: Keisuke Tanigawa
Yokohama Triennale
4/5
Photo: Keisuke Tanigawa
Yokohama Triennale
5/5
Photo: Keisuke Tanigawa

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

3年に一度、横浜で開催される現代アートの国際展。2017年のタイトルは「島と星座とガラパゴス」だ。それぞれ接続性、指標、独自性などを想起させる同タイトルのもと、今という時代を見つめ、未来へと繋げることを目指す。構想会議メンバーには、美術史家の高階秀爾、解剖学者の養老孟司、哲学者の鷲田清一、アーティストのスプツニ子!といった有識者が参加し、今回のテーマやコンセプトが決定した。そして、1月より会期終了まで、幅広い分野の専門家を招いた「公開対話シリーズ『ヨコハマラウンド』」が開催される。毎回個性豊かな登壇者によるトークは、『ヨコトリ』をより深く理解ヒントが隠されているだろう。

関連記事
2017年、行っておきたい芸術祭

特集記事
3年に1度のアートの祭典「ヨコトリ」で押さえておきたい4つのこと
今夏開催の『ヨコトリ』、参加アーティスト第1弾が発表

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://www.yokohamatriennale.jp/english/2020/
イベントの電話番号 0456637232
関連情報
    最新ニュース