etias
Photo: Sunrising / PIXTA

2022年末から施行、ヨーロッパへ旅行する際に必要となるETIASとは

観光やビジネスを目的とした旅行に利用できる欧州渡航情報認証制度

Written by Time Out. Paid for by Online Travel Evisa, S.L
広告

欧州連合(EU)は、渡航希望者が安全かつ入国に適した人物であるかを判断するETIAS(欧州渡航情報認証制度)の導入を進めている。この制度は、約60カ国(日本、アメリカ、カナダ、メキシコ、オーストラリアなど)からの旅行者がヨーロッパのシェンゲン圏に含まれる国とアンドラ公国へ渡航する際、事前の登録が必要となるというものだ。

観光やビジネス、トランジットといった目的の旅行にのみ利用可能で、ETIASの申請が承認されていない場合、旅行者は飛行機や船舶、バスなどに搭乗することができない。また、シェンゲン圏に含まれる国で乗り継ぎをする場合にもETIASの申請が必要になるようだ。

現在、シェンゲン圏を構成するのはEUに加盟している22カ国のほか、EU非加盟の4カ国、ヨーロッパにある「ミニ国家」と呼ばれる国のうち4カ国。ETIASの運用開始後、入国前に登録が必要となる国のリストは以下の通りである。

EU加盟国
オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン

EU非加盟国
アイスランド、ノルウェー、スイス、リヒテンシュタイン

ミニ国家
サンマリノ、バチカン、モナコ、アンドラ

また、以下の国はシェンゲン協定への加盟手続き中であるが、ETIAS導入時には上記の国々と同じく入国前の登録が必要となる。

ルーマニア、ブルガリア、クロアチア、キプロス

この制度は、当初2021年1月1日に施行される予定だったが、2022年末からの施行に延期された。施行後も少なくとも6カ月間は義務化されない。多くの旅行者は、この6カ月の間に数カ月後にはヨーロッパへ行く際に有効な渡航認証、つまりETIASが必要になることについて、じわじわと実感していくだろう。

ETIASをビザだと思っているのであればそれは違う。これについて、欧州委員会は、2018年に発表したファクトシートで次のように示している。

「ETIASによる渡航認証は、ビザのような義務を再導入するものではありません。申請のために領事館に行く必要はなく、生体情報も収集されません。ビザ申請手続きに比べて収集される情報はかなり少ないのです。シェンゲンビザの手続きには原則として15日かかり、場合によっては30日や60日かかることもありますが、オンラインによるETIASの申請は数分で記入が可能です」

ETIASは一度承認されると3年間有効で、入域回数に制限はない。申請には、メールアドレス、有効なパスポート、クレジットカードが必要で、申請料は現時点で7ユーロ(約930円)。18歳未満も申請自体は必要だが、その際に手数料はかからない。手続きはオンラインでできるが、申請から審査結果が届くまでには最大で4週間前後かかることが予想されているので、早めに申請をするのが良さそうだ。

また、ヨーロッパでは現在、新型コロナウイルスの予防接種を受けた人や感染から回復した人、PCR検査が陰性の旅行者を対象に発行するデジタルパスポート『グリーンパス』の導入も検討している。検疫や隔離などを回避することができ、EU諸国への入国をよりスムーズにできる『グリーンパス』も併せてチェックしておこう。

原文はこちら

おすすめ
    関連情報
      広告