Yamanashi Travel guide & journal
Design: Saiko Miyasato

トランスフォーマティブに旅する山梨、英語版の旅行記をリリース

人生がより豊かになる旅? 今探っておきたい新しい旅行の楽しみ方

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

タイムアウト東京を運営するORIGINAL Inc.が企画制作を担当した山梨県の旅行記『YAMANASHI: Travel That Changes You -Travel guide & journal-』(英語版)が2021年7月末にリリースされた。

テーマは「トランスフォーマティブ・トラベル」。心が浄化されるような大自然や、ここでしかできない経験など、人生がより豊かになるような山梨県での体験を「Discover(まだ知られていない山梨県の魅力を体験)」「Uncover(名所への理解を高めさらに深堀り)」「Recover(体験を通して自分自身をリセット)」の3つの切り口で紹介している。

Design: Time Out Tokyo / Snow Inc.
南部の火祭り(Design: Time Out Tokyo / Snow Inc.)

例えば「Recover」で紹介している十日市場・夏狩湧水群。富士山を水源とする10カ所以上の湧水の集まりであり、その透明度の高い水は地元の農家にも広く活用されている。

訪ねる際は、さまざまな場所から流れ出る湧き水を見られるこのエリアをぜひ散策してみてほしい。長慶寺には水路の横に薬と癒やしの仏である薬師如来にささげられた小さな礼拝壇があるほか、5月から8月下旬ごろに訪れれば、梅花藻(バイカモ)という愛らしい緑色の植物に出合うこともできるのだ。まさに、この地域が持つ癒やしの力を感じられることだろう。

Design: Time Out Tokyo / Snow Inc.
梅花藻(バイカモ)は流れ続ける冷たい水を好むキンポウゲ科キンポウゲ属の多年草の水草(Design: Time Out Tokyo / Snow Inc.)

また、取材で山梨県を訪れたタイムアウト東京 英語編集部のKit Kriewaldtは、華やかな神社よりも、ひっそりとたたずむ祠(ほこら)やつり橋が印象的だったとコメント。もちろん、名所でしか楽しめないことも多くあるが、静かな隠れた場所で何かを見つけること、そしてスピリチュアルな経験をするということこそ贅沢な体験であり、この時に起こる気持ちの変化がトランスフォーマティブな体験とも言える。

Design: Time Out Tokyo / Snow Inc.
Design: Time Out Tokyo / Snow Inc.
Design: Time Out Tokyo / Snow Inc.
Design: Time Out Tokyo / Snow Inc.

全部で140のコンテンツを紹介している旅行記の表紙には、精進湖からの富士を採用。日本のシンボルとも言える富士山だが、今回は「トランスフォーマティブ・トラベル」というテーマに合わせ、普段とは一味違った表情の写真をセレクトした。

本旅行記は、山梨県内の観光関連施設や「やまなしグリーン・ゾーン認証」を受けた宿泊施設のほか、都内の観光関連施設などでも新型コロナウイルス感染症の拡大状況を見ながら順次配布予定。この表紙を見かけた際はぜひ手に取ってみてほしい。

また、旅行記と同内容のコンテンツも掲載されている山梨県の公式ウェブサイトも7月30日にリニューアルされたので、こちらも要チェックだ。

Design: Time Out Tokyo

なかなか自由に旅に出られない日々が続いているが、この機会に「トランスフォーマティブ・トラベル」という新たな旅の楽しみ方をリサーチしてみてはどうだろう。

おすすめ
    関連情報
      広告