unlock_2
Photo: Time Out Tokyo

東京は国際金融都市になれるのか、「UNLOCK THE REAL JAPAN」第2号をリリース

アジアで活躍するビジネスリーダーに向け、小池都知事が東京の国際金融都市構想を語る

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

日本経済新聞社が発行する『Nikkei Asia』と、タイムアウト東京がコラボレーションした『UNLOCK THE REAL JAPAN』の第2号が、2020年12月14日にリリースされた。

『UNLOCK THE REAL JAPAN』は、アジアで活躍するビジネスリーダーに向け、旬のテーマと人にフォーカスした情報を発信する英語版の冊子。Nikkei Asiaの12月14日–20日号に同梱(どうこん)されるほか、国内のラグジュアリーホテルや在日大使館などでの配布が予定されている。

第2号では、東京都知事の小池百合子をはじめ、東京国際金融機構 副事務局長の吉松和彦や、A.T.カーニー会長のほか政府顧問としても活躍する梅澤高明ら、さまざまな分野で活躍するエキスパートたちにインタビューを実施。東京が「国際金融都市・東京」になる可能性、そして、テクノロジーやアクセシビリティ、教育などの主要分野で、都市がどのように進化するかについての話を聞いた。

また2020年、イノベーティブな場所として存在し続けてきた羽田に誕生した、羽田イノベーションシティの特集ページも展開。鹿島建設(現場の開発を行う9社のうちの一つ)の加藤篤史へのインタビューと、タイムアウトの切り口でピックアップした羽田イノベーションシティの見逃せないコンテンツを組み合わせて、同施設の魅力を紹介している。

ほかにも、「コロナ禍が都市環境を再検討する機会をもたらす理由」について尋ねた建築家の森俊子へのインタビューや、「より良い未来のために日本が多様性を大切にすべき理由」を語ったフィリップ モリス ジャパン社長、シェリー・ゴーへのインタビューなど、今号も充実した内容になっている。ライティングと編集は、タイムアウト東京を運営するORIGINAL Inc.のエディトリアル・ディレクターであり、スロージャーナリズム誌『Delayed Gratification』のエディターも務めるマーカス・ウェブが担当した。

ウェブサイトも公開されているので、読み応えたっぷりな記事の数々はぜひ自分の目でチェックしてほしい。

おすすめ

    関連情報

      Best selling Time Out Offers
        Advertising