True Colors Festivalでしかできない5のこと

「なんの壁もない芸術祭」だからこそできる刺激的な体験

作成者: Shiori Kotaki |
Advertising
True Colors Festival

障がいや性、世代、言語、国籍などのあらゆる多様性があふれ、皆が支え合いながら自分らしく生きられる社会の実現を目指したフェスティバル『True Colors Festival—超ダイバーシティ芸術祭—』が2019年9月から2020年7月にかけ、日本財団の主催で東京を中心に開催される。

『True Colors Festival』の始まりは2006年。同財団が「弱者」と見られがちな障がい者のイメージを変えること、また障がい者のエンパワーメントを図ることを目的に『障害者芸術祭』としてラオスとベトナムで開催したイベントが原型となっている。その後も、2008年にカンボジア、2013〜2014年にミャンマー、2018年にシンガポールと、アジア各地で障がいのあるアーティストたちがステージに立つ芸術祭を開催してきた。今回は、「障害者芸術祭」という形ではなく、障がいの有無も含め、性、世代、言語、国籍などあらゆる違いを包み込み、多様な人とともに作るフェスティバルとして初めて開催する。

東京では、2020年7月に開催する『True Colors コンサート』を集大成とし、2019年9月から音楽ライブやダンス、ミュージカル、ファッションショーなど、さまざまなパフォーマンスを渋谷を中心に展開。ここでは、『True Colors Festival』だからこそ体験できるコンテンツを5つ厳選して紹介する。

True Colors Festival

1. ダイバーシティな表現を体感する。

約1年間という長期の開催期間中に行われる多種多様なパフォーマンスは必見だ。例えば、2019年9月10日(火)に渋谷ストリーム前の稲荷橋広場で行われる『True Colors DANCE』(入場無料)。同イベントは、多国籍からなる障がい者によって結成されたブレイクダンスグループ『イルアビリティーズ』が、日本が世界に誇るトップダンサーたちと熱いダンスバトルを繰り広げるというものだ。お互いのポテンシャルを最大限に引き出した先に生まれる光景を、この目で見たい。

2. 音楽で会話する。

鑑賞だけでなく、実際に参加できるワークショップが多いのも『True Colors Festival』の魅力だ。アルゼンチンを代表する音楽家であるサンティアゴ・バスケスによるワークショップでは、参加者を現在募集中。内容は、2019年10月19日(土)と20日(日)のワークショップに参加し、22日(火・祝)に代々木公園野外ステージで行われる本番で演奏を披露するというものだ。打楽器はもちろん、どんな楽器でも、自分自身の声での参加も可能。言葉以上に豊かなコミュニケーションツールである音楽を使って、さまざまな人と交流してみよう。

応募条件:10月19日〜20日のワークショップ、また、10月22日のステージ(合計3日間)全てに参加できること/会場までの介助が必要な人は、介助者の同伴を自分で手配可能なこと/18歳未満の人は保護者の同意を得られること

Advertising

3. ドラァグクイーンに教えてもらう。

「普段は話しにくいこと、ぐっと向き合ってみないと見えてこないこと……。ダイバーシティの課題について、もっとオープンに対話し、価値観を更新していける場が欲しい」そんな思いから立ち上がったのが『True Colors ACADEMY』だ。ここでは、公開講座の「レクチャー」と、公募制のメンバープログラム「スタジオ」を通し、日常に潜む社会問題や個人的な違和感について深く考えていく。2019年11月から、全4回の開催を予定。講師はクリエーターやドラァグクイーンなど、幅広い分野から招聘(しょうへい)されるので、普段とは違った刺激的な発見を得られるだろう。

True Colors Festival

4. アクセシビリティを高める1人になる。

誰でも楽しめるアクセシビリティの高い場所作りを目指している『True Colors Festival』。現在アテンダントとして、2020年7月の『True Colors CONCERT』まで継続的に運営に参加してくれる人を募集中だ。ボランティア活動ではあるが、事前にユニバーサルマナー検定3級の取得ができるほか、専門的なレクチャーを受けたり、実践的な研修を経験することもできる。実際に現場での仕事にも携われるので、こういった分野に興味のある人には絶好の機会となるはずだ。応募の締め切りは、2019年9月13日(金)。詳細はこちらからチェックしよう。

Advertising
True Colors Festival

5. 友達になっておく。

『True Colors Festival 』のイベント情報を一つも見逃したくない人は、公式のLINEアカウントを友達に追加しておこう。演目情報が随時発信されるのはもちろん、アクセシビリティサポートのあるチケットの先行発売や、特別体験付きの公式アカウント限定チケットなどを予約することも可能。また、会場で毎回ポイントを獲得できるスタンプカードのシステムもあり、ポイントをためていくと特典がもらえるというサービスもある。ちなみに、10月22日(火)までは早期登録特典があり、公式イベント会場でクーポンを提示するとオリジナルのタトゥーシールがもらえる。その後も5ポイント、10ポイントなどのタイミングで様々な特典が用意されているので楽しみにしていてほしい。ポイントを得られるQRコードは会場の至る所にあるので、足を運んだ際は隅々までよく見ておこう。

Advertising