忘れ物タオルのてるてる坊主

  • Things to do
  1. 忘れ物タオルのてるてる坊主
    画像提供:温泉道場
  2. 忘れ物タオルのてるてる坊主
    画像提供:温泉道場
広告

タイムアウトレビュー

昭和の時代は晴れを願ってよく作ったてるてる坊主。客が忘れていったタオルで作って館内に展示し、雨の多い6月に客の心を晴れやかに照らしているのが、昭和レトロな温泉銭湯、玉川温泉とおふろcafe 白寿の湯の2つの日帰り温泉だ。

玉川温泉では、イベント期間中はテラスの上空に通称「アンブレラスカイ」と呼ばれる色とりどりのビニール傘も飾られ、てるてる坊主と相まって、梅雨のうっとうしさを吹き飛ばすアイテムとなっている。おふろcafe 白寿の湯の食事処、寝かせ玄米(R)と糀料理 俵やでは『ヤマキ醸造』や『結わえる』とコラボレーションし、こうじや発酵をテーマに健康でおいしい食事を提案している。

体の中からも元気になって、梅雨を乗り切ろう。

※玉川温泉とおふろ café 白寿の湯にて/10〜22時(土・日曜・祝日は5~22時)/最終入館は21時30分公式イベントページはこちら

詳細

イベントのウェブサイト
tamagawa-onsen.com/news/?p=2957
住所
問い合わせ
0274-52-3771
広告
関連情報