大石始が選ぶ、8月後半に行くべき祭り

河内音頭に阿波踊り、奥多摩の廃校、丸の内音頭で味わう日本の夏

作成者: Kunihiro Miki |
Advertising

日本の夏は、毎週末どこかで必ず祭りが行われている。大石始によるこの夏期限定の連載では、国内外の祭りや踊り、地域文化を追い掛けるライターとして数々の祭りを見てきた彼が選ぶ、行くべき東京の祭りを紹介する。8月後半は、日比谷、高円寺、奥多摩、錦糸町の4カ所からピックアップ。この記事を参考にして、悔いのない最高の夏を過ごしてほしい。

大石始

世界各地の音楽・地域文化を追い掛けるライター。旅と祭りの編集プロダクション「B.O.N」。著書・編著書に『ニッポンのマツリズム』(アルテスパブリッシング)、『ニッポン大音頭時代』(河出書房新社)、『大韓ロック探訪記』(DU BOOKS)など。サイゾーなどで連載中。2019年10月、新刊『奥東京人に会いに行く』が晶文社より刊行。

Advertising