「埼玉でしかできない50のこと」(英語版)がリリース

自然を感じられる観光スポットから、地元民に愛される穴場の店まで

作成者: Shiori Kotaki |
Advertising

タイムアウト東京は、埼玉県・熊谷市と英語版のガイドマップ『50 THINGS TO DO IN SAITAMA(埼玉でしかできない50のこと)』を2019年4月26日(金)に発行した。現在、渋谷駅観光案内所や羽田空港、成田空港、都内や埼玉県内の主要ホテルなどで無料配布されている。

同マップでは、熊谷市、川越市、その他エリアの3つに分け、各エリアの魅力溢れるヴェニューを50軒紹介。定番の観光地はもちろんのこと、「聖地」と呼ばれる人気かき氷店や、平日の昼間であっても地元の呑兵衛たちで賑わう大衆居酒屋、自然派ワインを立ち飲みで味わえる看板のないバー、川越で見つけ出してほしいマンホールなど、穴場スポットも多数掲載している。

かき氷好きであれば、ぜひ一度訪ねておきたい慈げん。溶けても最後まで味わえるよう、席にはストローも用意されている 

パスタハウスさかなのきもちで購入できる『ナポリdeメロン』。どんな味がするかは、ぜひ自分で確かめてみてほしい

川越のシンボルである「時の鐘」が描かれたデザインマンホール。川越を散策する際は、足元を見ることも忘れずに 

熊谷市が『ラグビーワールドカップ2019日本大会』の開催地のひとつに選ばれたことや、映画『翔んで埼玉』の公開で「今、熱い」と言われる埼玉県。このマップを片手に、よりディープに散策してもらえたら嬉しい。

主要配布場所
渋谷駅観光案内所
羽田空港
成田空港
タイムアウトカフェ&ダイナー
埼玉県内の観光案内所

※在庫切れの場合あり

Advertising