フットゴルフを始める6つの理由

ゴルフ場でサッカー? 人気拡大中のニュースポーツを紹介

富士グリンパ
作成者: Miroku Hina |
Advertising
テキスト:鷲見洋之 

サッカーやフットサルに挑戦してみたいが、未経験だから恥ずかしいーー。ゴルフを始めたいが、用具をそろえる金がないーー。 

このどちらかに当てはまる人に勧めたいスポーツがある。フットゴルフだ。 

サッカーとゴルフを足して2で割ったような競技で、世界各国で急速に普及している新興スポーツだ。東京都内にも練習施設が開業するなど、国内でも認知を得てきたフットゴルフの魅力を紹介する。 

1. シンプルかつ奥深い

フットゴルフは、ざっくりいえばゴルフクラブの代わりに脚を使うゴルフ。ほとんどのルールはゴルフと変わらない。ゴルフボールではなくサッカーボールを蹴飛ばし、ホール(穴)にどれだけ少ない蹴り数で入れられるかを競う。ゴルフ場で行い、18ホールで合計スコアを競う(9ホールの場合も)。

サッカーボールは大きいので、グリーンやラフ、バンカーなどの地形によって難易度に差が出ることは少なそうだが、実はゴルフ同様、こうした地形は勝敗を大きく左右する重要な要素だ。

例えばラフのような深い芝では、いざ蹴ろうとすると、草に足が引っかかる。また助走をつけて蹴るため、ボールが斜面にあると非常にプレーしづらい。さらに、バンカーでの助走は禁止されていたり、足裏で蹴るのも認められないなど、シンプルでありながらなかなか奥深い。

 

2. 全世界で拡大中

まだ産声を上げたばかりの新興スポーツで、2009年にオランダでルールが確立され、競技化された。その3年後には国際フットゴルフ連盟が発足し、第1回ワールドカップがハンガリーで開催。2016年にはアルゼンチン、2018年にはモロッコで、それぞれワールドカップが開かれた。

各国のメディアで、急速に普及を続けるスポーツとして注目されており、現在、国際連盟には欧米を中心に約40カ国が加盟している。

日本でも競技人口は増えており、協会によると、2014年からのべ2万人強がフットゴルフをプレーしたという。

 

3. 必要なものは、襟付きシャツとスニーカーだけ

   

フットゴルフウェアブランド SHIELDS(シールズ)の商品

一番の魅力は、その「とっかかりやすさ」。ゴルフクラブをそろえようと思ったら、セットで5万円は見積もらなければいけないが、この競技にクラブは必要ない。

日本フットゴルフ協会理事の増山清は、「道具は必要なく、止まっているボールを蹴って転がすという、誰でもできる競技です。女性からお年寄り、子供まで性別や世代の垣根を超えて楽しめます」と特徴を語る。

用意が必要なものといえば、襟付きシャツと、スパイク以外のシューズくらいだ。暇を持て余した休日に、思い立ったらすぐできる。

 

4. 日本でも徐々に身近な存在に

現在、国内では関東や東海地方を中心に、13カ所のフットゴルフコース(外部リンク)が整備されている。料金はコースによって異なるが、だいたい平日18ホールの使用で大人2,000~3,000円台というのが相場。なかには1組1,000円で楽しめるコースもある。友人や同僚らと割り勘にすれば、驚くべき安さだ。

ゴルフ場まで足を延ばすのが面倒という人は、神保町に行ってみよう。神保町駅から徒歩1分の「神保町ゴルフスクール」で今年から「打ちっ放し」ならぬ「蹴りっ放しの営業が始まった。ゴルフ場に行く前に、まずはここで競技についての感触をつかんでみるのもいいだろう。

 

5. 未経験者でも、日本代表として戦える可能性も

ワールドカップは、個人戦と、個人戦で上位に入った選手の所属国16カ国が決勝トーナメントで争う団体戦があり、日本はモロッコ大会の個人戦で約500人中20位に食い込んだほか、チームとしては16位に入った。アルゼンチン大会ではほとんどの選手が予選落ちし、最高でも80位前後だったことを考えれば、大きな躍進を遂げたといえる結果だ。

日本では2014年に協会が設立されたばかりということもあり、増山は「実力はまだ成熟していない」と認める。協会としては、将来のワールドカップで個人戦、チーム戦ともに優勝することが目標だ。

現在の日本代表は、必ずしも最初からフットゴルフの世界でプレーしてきた選手ばかりではない。新興競技ではよくあることだが、他競技からの転身組も多く、中には甲子園出場経験を持つ元球児もいる。

増山は、「『サッカー経験者イコール上手』ではありません。もちろん有利ではありますが、元Jリーガーのような選手でさえ、実力が抜きん出ているわけではないのです」と語る。

日本代表のさらなる強化のためにも、「学生時代にスポーツに打ち込んでいた人が、もう一度代表選手を目指すというのも夢じゃありません。強い志で世界と戦えるアスリートに、ぜひ競技に加わってほしい」と呼びかける。

 

6. 自然に囲まれながら健康的な休日を堪能できる

 

あなたはゴルフ場に行ったことがあるだろうか?いいえという人は、まずはフットゴルフをきっかけに一度行ってみてほしい。

都会の喧騒(けんそう)から切り離され、鳥のさえずりが聞こえる芝の上で体を動かすーー。一日過ごしてみれば、その魅力に気付くはずだ。

増山は、「ゴルフ場は、大自然に囲まれた気持ちのいい空間です。家族や友人、恋人と一緒に、まずは一度プレーしてみてください」と話している。

挑戦してみよう

まずは「蹴りっぱなし」で練習

スポーツ, ゴルフ

神保町ゴルフスクール

icon-location-pin 神保町

月額定額で回数制限のない屋内ゴルフスクール。サッカー(フットボール)とゴルフを融合させたフットゴルフの練習ができる時間を設けており、打ちっ放しならぬ「蹴りっ放し」が楽しめる。1時間2,000円で、青々と開けたフィールドで球を蹴り抜けば、今までにない爽快感を感じることができるだろう。これから盛り上がってくること間違いなしのスポーツを、先取りで楽しんでみてはいかがだろう。

※フットゴルフ練習時間は、火、木曜7時00分〜21時00分、土曜18時00分〜23時00分。要予約。

Advertising