生解説のある個性派プラネタリウム

渋谷、立石、白金のこだわりが光るプラネタリウム
作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising

冬の夜空を外で眺めるのは冷えるこの季節。プラネタリウムで、宇宙の神秘を見いだすもよし、星座に秘められた物語に耳を傾けながらのんびりと星空を眺めるのもいいだろう。特集では、大人も楽しめるプログラムと生解説にこだわる、都内とその近郊のプラネタリウムを紹介する。解説やプログラムでプラネタリウムの楽しみ方は変わってくる。興味のある分野と名物解説員の回を調べて足を運んでほしい。

Things to do, 文化センター

かわさき宙と緑の科学館

icon-location-pin 神奈川

川崎の生田緑地内にある科学館。同施設のプラネタリウムには、プラネタリウムクリエイター大平貴之が制作した、肉眼では見えない星までも詳細に映し出す世界最高水準の『MEGASTAR-Ⅲ FUSION』を導入。大人向けの投影プログラムや、毎月変わるオリジナルプログラムを生解説で行っている。また、半世紀以上星空解説を行っている河原郁夫の『星空ゆうゆう散歩』(毎月第3木曜日13時30分から)は、主に季節の星座にまつわる解説をしており、癒しの空間として人気を博している。

おすすめの解説員:河原郁夫

Things to do, 文化センター

葛飾区郷土と天文の博物館 プラネタリウム

icon-location-pin 葛飾区

お花茶屋にある何度も訪れたくなるプラネタリウム。同プラネタリウムは、人類がいままでに観測した全宇宙の天体データが入力されている最先端のデジタルユニバースを日本初導入した。天文学をテーマに大人向けのオリジナル番組を3ヶ月に1度のペースで制作している。解説員の新井達之はその中でも人気が高く、宇宙に関しての知識を興味深く学べるだろう。

おすすめの解説員:新井達之

Advertising
Things to do, 文化センター

コスモプラネタリウム渋谷

icon-location-pin 渋谷

2010年に渋谷区文化総合センター大和田にオープンしたプラネタリウム。直径17mのドームスクリーンで、ハイビジョンを越える解像度のCGを駆使し宇宙空間を再現する。90度回転する客席が36席設置され、好きな角度から星空を鑑賞することができるのも同館の特徴だろう。また、五島プラネタリウム時代にも解説を務めていた村松修も解説員として在籍している。

おすすめの解説員:村松修

Things to do, 文化センター

プラネターリアム 銀河座

icon-location-pin 立石
立石駅から徒歩6分ほどの場所にある、日本で初めて寺に設置されたプラネタリウム。毎月異なるオリジナルプログラムとテーマを住職の春日了が考え投影している。解説は春日と女性解説員の2人で行われ、ゆるく突拍子もない掛け合いはコントを聞いているようだ。プラネタリウムの予約は1ヶ月前から行われ現在(2015年時点)の倍率は8倍ほど。宇宙哲学から人生を考えに行こう。

おすすめの解説員:春日
Advertising
バー

プラネタリウムBAR

icon-location-pin 白金台

最後に、白金台にあるロマンチックなスポットを紹介する。プラネタリウムバーでは、小型で高性能な『MEGASTAR ZERO Platinum』を設置し、およそ500万個の星空を眺めることができる。解説は5分ほどだが、白金台からの夜景と星空が広がる店内で素敵な時間を過ごせるだろう。また、結婚式や誕生日パーティーへの出張上映、指定した場所と日時の星空の上映なども行っている。

Advertising
This page was migrated to our new look automatically. Let us know if anything looks off at feedback@timeout.com