タイムアウト東京マガジン25号配布開始

無料でできることや1,000円未満の予算で満足できるレストランなど、リーズナブルに楽しむ東京

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

『タイムアウト東京マガジン/Time Out Tokyo Magazine(英語)』の最新号(25号)の配布が、12月20日に始まった。今回は、「リーズナブルに楽しむ東京」がテーマ。物価が高いというイメージがある東京。たしかに、マスクメロンが2万円で売られていたり、その2倍の料金がかかる懐石料理店があったりする。会社の経費で落とせなくても……。東京は十分に楽しめる。今回は、低予算で東京を楽しむ方法を紹介する。

デジタル版のダウンロードはこちらから

特集では、無料で行ける文化や歴史的なスポットのほか、博物館や美術館、展望台、動物園など、タイムアウトらしい幅広い視点で「無料でできる30こと」を紹介する。

また、これらの無料の観光スポットを見学した後に行ける、1,000円以下で楽しめる都内のレストランについても特集。ここでは30カ所の安くおいしく食事ができるレストランを紹介している。

レギュラーページでは、パーティーを楽しみ過ぎて終電に乗り遅れた人のために、新宿や渋谷で始発を待つ間に役立つ過ごし方も。

Eating & Drinkingページでは、忘年会にも使える大人数のグループで行くのにぴったりな飲み放題や食べ放題のプランがある、タイムアウト東京スタッフおすすめの店を紹介。ウエストが伸び縮みするパンツを履いて、食事に備えよう。

そして、Shopping &Styleページでは、一味違う土産物を探している人向けに、最近増えてきたオリジナルグッズやオリジナルのカスタマイズができるショップを提案している。 

ナイトライフページでは東京のショーパブを紹介。六本木金魚や黒鳥の湖など個性あふれるエンターテインメントショーを食事とともに楽しめる、おすすめの5件をピックアップした。

そのほか、三軒茶屋周辺ガイドや食パンカフェ、現代アートギャラリー、東京近郊のスキーリゾートなど冬に楽しめる情報も満載。タイムアウト東京マガジン25号は、都内の配布スポットにて無料で手に入れることができる。 

仕様
タイトル:タイムアウト東京マガジン第24号/Time Out Tokyo Magazine NO.24
刊行業態:年4回季刊(次号は2019年12月)
判型:A4変形、英語版76ページ
価格:無料

主要配布場所
空港
羽田空港外国人観光案内所
成田国際空港
など

観光案内所
東京観光情報センター都庁本部
東急東京メトロ渋谷駅観光案内所
渋谷区観光案内所
銀座三越外国人観光案内所 
浅草文化観光センター 
MOSHI MOSHI BOX
など

ショップ
TSUTAYA TOKYO ROPPONGI
紀伊國屋書店新宿本店
タワーレコード渋谷店
Books Kinokuniyya Tokyo
など

レストラン
HUB渋谷店、HUB浅草店のほか、関東のHUBのほとんどの店舗
タイムアウトカフェ&ダイナー
など

宿泊施設
マンダリンオリエンタル東京
グランドハイアット東京
ザ・ペニンシュラ東京
ザ・リッツ・カールトン東京
コンラッド東京
など
※配布は宿泊者対象

タイムアウト東京マガジンの入手は以下URLから

マップストア

広告についての問い合わせはこちら

表紙クレジット:スティーブ・ナカムラ(アートディレクター)

前号の情報はこちら……

タイムアウト東京マガジン24号配布開始

Things to do

『タイムアウト東京マガジン/Time Out Tokyo Magazine(英語)』の最新号(24号)の配布が、9月30日に始まった。今回は、タイムアウト東京の10周年を記念した特別号。「乾杯」をテーマに、東京で行くべき「飲む」ヴェニューを特集している。 【デジタル版のダウンロードはこちらから】 紹介されているのは、ジャパニーズワイン、クラフトビールといったアルコールだけでなく、インディペンデントなコーヒーロースターや日本茶、抹茶が飲める店など、タイムアウトらしい幅広い視点でピックアップした「乾杯」スポットだ。 また、国産のクラフトジンの代表的なブランドについても特集。海外での人気も高まっている日本のジンについての入門編と言える内容となっている。 レギュラーページでは、アートがテーマのカフェ&バーや、飲めるレコード屋など、都内のユニークなヴェニューを紹介している。 Eating & Drinkingページでは、タイムアウト東京の英語チームスタッフが選んだおすすめ餃子屋を紹介。餃子の特集は日本語版のウェブサイトでもより細かい切り口で展開しているので、ぜひチェックしてみてほしい。 『タイムアウト東京マガジン』24号は、空港や観光案内所、都内のショップ、ホテルなどを中⼼に無料配布されるほか、電子書籍版のダウンロードも可能だ。 表紙クレジット:スティーブ・ナカムラ(アートディレクター)、塚田直寛(フォトグラファー) 仕様タイトル:タイムアウト東京マガジン第24号/Time Out Tokyo Magazine NO.24刊行業態:年4回季刊(次号は2019年12月)判型:A4変形、英語版76ページ価格:無料 主要配布場所空港羽田空港外国人観光案内所成田国際空港など 観光案内所東京観光情報センター都庁本部東急東京メトロ渋谷駅観光案内所渋谷区観光案内所銀座三越外国人観光案内所 浅草文化観光センター MOSHI MOSHI BOXなど ショップTSUTAYA TOKYO ROPPONGI紀伊國屋書店新宿本店タワーレコード渋谷店Books Kinokuniyya Tokyoなど レストランHUB渋谷店、HUB浅草店のほか、関東のHUBのほとんどの店舗タイムアウトカフェ&ダイナーなど 宿泊施設マンダリンオリエンタル東京グランドハイアット東京ザ・ペニンシュラ東京ザ・リッツ・カールトン東京コンラッド東京など※配布は宿泊者対象タイムアウト東京マガジンの入手は以下URLから。 マップストア 広告についての問い合わせはこちら

おすすめ

    関連情報

      Advertising