亀戸天神梅まつり

  • Things to do
  1. 第25回 亀戸天神梅まつり
    第25回 亀戸天神梅まつり
  2. 第25回 亀戸天神梅まつり
    第25回 亀戸天神梅まつり
  3. 第25回 亀戸天神梅まつり
    第25回 亀戸天神梅まつり
  4. 第25回 亀戸天神梅まつり
    第25回 亀戸天神梅まつり
広告

タイムアウトレビュー

菅原道真公を奉祀(ほうし)する亀戸天神社は、一般的に亀戸の「天神さま」、「亀戸天満宮」と呼ばれ親しまれている。

同天神は梅の名所として知られており、毎年2月下旬から3月初旬にかけて『亀戸天神梅まつり』が開催する。本まつりは、2022年で25回目を迎える。

境内には300本(紅梅 50本、白梅 150本)の梅の花が咲き誇り、早いものは正月頃から咲き始める。見ごろは2月中旬から3月上旬あたりだ。中でも、1本の木に紅梅と白梅の花が咲く『五賢の梅』は一見の価値がある。

道真公の命日である2月25日に行われる『菜種御供(なたねごく)』と併せて、春の訪れを感じてみては。

※6〜17時/公式イベントページはこちら

詳細

イベントのウェブサイト
kameidotenjin.or.jp/
住所
広告
関連情報