画像提供:株式会社龍名館
画像提供:株式会社龍名館

2022年9月にしかできないこと

食・アート・音楽など、9月開催のイベントを紹介

編集:
Time Out Tokyo Editors
広告
  • レストラン
  • 信濃町

東京の夏の風物詩ともいえる明治神宮外苑のビアガーデンが、3年ぶりに開催する。 『BBQ飲み食べ放題』メニューでは牛肉や豚肉、オーストラリア産味付けラム、『華味鳥』のつくね、プリマハムの『香薫®あらびきポークウインナー』などを用意。焼きそばや、焼きおにぎりなどと一緒に味わえる。生ビール3種類をはじめ、ハイボールや杏露酒(シンルチュウ)、8種類のソフトドリンクなど、充実したドリンクメニューもうれしい。 着席したままスマートフォンで追加オーダーができるシステム『stesso(ステッソ)』を導入しているので、好きなタイミングで注文可能だ。1000人が収容できる大きな会場だが、人気があるので早めの予約がお勧め。緑に囲まれた開放的な雰囲気の中で、心も腹も満たされるだろう。 ※16時30分~22時(土・日曜・祝日は12〜22時)/7月24日〜8月31日は14時〜22時30分(土・日曜・祝日は12時〜22時30分)/L.O.は閉店の1時間前まで/公式イベントページはこちら

  • Things to do
  • 渋谷

東急プラザ渋谷の17階にあるセラヴィ東京(CÉ LA VI TOKYO)のルーフトップテラスで『ザ スカイ ビアガーデン』が2022年5月15日からオープン中だ。 毎年リニューアルする人気のビアガーデンは、今年もBAO by CÉ LA VIからアジアのテイストを盛り込んだ「カジュアルプラン」と「プレミアムプラン」を提供。プレミアムプランでは北京ダックが提供され、ほかのビアガーデンでは味わえない料理の数々に2時間制のフリーフローが付く。生ビールやワイン、カクテル、ソフトドリンクといった充実したドリンクメニューを存分に楽しめる。 昼夜問わず渋谷の絶景が楽しめる開放感にあふれる心地よい空間で、リゾート地にいるような感覚で料理と音楽を堪能しよう。 ※11〜23時(日曜・祝日11〜22時)/各90分制/L.O.は閉店の2時間前まで/公式イベントページはこちら  

広告
  • Things to do
  • 丸の内

東京會舘が運営する、大人のためのビアガーデン。美しいサンセットから夜景へのうつろいゆく景⾊を楽しみながら、『マスターズドリーム』をはじめとする充実の飲み放題メニューを3種類のプランから選べるのに加え、東京會舘自慢の自家製料理が堪能できる。 夏のひとときを、地上40メートルの解放的なテラスでおいしいドリンクと食事を楽しんでみては。 ※17時30分〜22時(L.O.21時)/公式イベントページはこちら  

  • レストラン
  • 日本橋

緑に囲まれた開放的な空間でバーベキューを楽しめるビアガーデンが、日本橋髙島屋 S.C.本館の屋上に登場する。 ⽜、豚、鶏に加えて、マグロや赤エビなどのシーフードが入った『Surf&TurfプレミアムBBQプラン』や、骨付き肉を贅沢に焼き上げる『Bone steakプレミアムBBQプラン』など、ボリューム満点のコースを用意。120分のフリードリンクは生ビール、スパークリングワインなど7種が並ぶワインビュッフェや、カクテル、ソフトドリンクを取りそろえる。 『地下でお肉を買ってBBQプラン』では、地下1階の生鮮食品売り場で購入した食材の持ち込みも可能だ。気軽に立ち寄れるバーベキューで、気の合う仲間とリフレッシュしよう。 ※16時~22時30分(土・日曜・祝日は12時〜22時30分)/8月1〜8月31日は16時〜22時30分/公式イベントページはこちら 

広告
  • Things to do
  • 芝公園

東京タワーの真下のオープンエアな空間に、ビアガーデンならぬ「ハイボールガーデン」がオープン。 会場がフットタウン屋上と1階正面玄関前の2つに分かれており、好みのスタイルでハイボールが楽しめる。フットタウン屋上では、マザー牧場人気ナンバーワンメニューのジンギスカンと、ハイボールをはじめ各種アルコールやソフトドリンクが、120分食べ飲み放題で楽しめる。 1階正面玄関前では、超炭酸で作る『頂点ハイボール』や、東京タワーのライトアップをイメージした『東京タワーハイボール』など、さまざまなハイボールがそろう。 フードは、マザー牧場名物の自家製ベーコンとソーセージが楽しめる『マザー牧場コンボ』やあっさり塩味の『上海風焼きそば』など、ハイボールや生ビールにぴったりのメニューが提供される。爽やかな夜風を感じながら、最高品質のハイボールを堪能してみては。 ※『TOKYO TOWER”CHO-TEN”HIGHBALL GARDEN』は1階正面玄関前にて/4月8日~10月2日 16時~22時30分 (土・日曜・祝日は12〜22時30分)/4月1〜30日は21時30分まで(土曜は22時まで)/L.O.フードは閉店の1時間前まで、ドリンクは30分前まで/公式イベントページはこちら ※『TOKYO TOWER”ROOFTOP”HIGHBALL GARDEN』はフットタウン屋上にて/4月6日~10月10日 17時~22時30分/4月1〜30日は21時30分まで(土曜は22時まで)/L.O.フードは閉店の1時間前まで、ドリンクは30分前まで

  • レストラン
  • 六本木

アークヒルズの屋上庭園に、今年も夏季限定のルーフトップラウンジがオープン。緑と風を感じられる開放的な空間に、ソファやテーブルがゆったりと置かれ、ラグジュアリーな気分でサステナブルワインやカクテルなどのドリンクやバーベキューが楽しめる。 肉厚のリブロースステーキとロブスターなど、よりすぐりの食材が味わえる『STEAK&LOBSTER BBQプレミアムコース』や、山の幸と海の幸が両方味わえる『TURF&SURF BBQコース』など、多彩なプランを用意。また、ビオやオーガニックのスパークリングワインから選べるのもうれしい。大人のビアガーデンで楽しい時間を過ごしてみては。 ※15~22時(土・日曜・祝日は12〜22時)/7月1日〜8月31日は15〜22時/公式イベントページはこちら

広告
  • レストラン
  • 表参道

ザ ストリングス 表参道の1階、ニューヨークをイメージしたインターナショナルキュイジーヌを提供するカフェ&ダイニング ゼルコヴァで、ビールと共に楽しむ開放的で心地よいテラス席限定の夏限定ディナープラン『ビアテラス』を開催。ビールと相性の良いメニューを提供する。 なかでも、フランスで修行を積んだシェフによる醤油こうじでマリネした牛サーロインはおすすめの逸品だ。ビール以外にもワインや夏のカクテル、飲み放題プランなど食が進むメニューが用意される。 ※17~22時(L.O.21時)/公式イベントページはこちら 

  • Things to do
  • 御茶ノ水

茶づくしのビアガーデン『抹茶ビアガーデン』が、3年ぶりに御茶ノ水のレストラン 1899 オチャノミズで開催する。 麦と抹茶の苦さのハーモニーが絶妙な『抹茶ビール』のほか、『ほうじ茶黒ビール』や『抹茶ハイボール』など6種のアルコールドリンクに加え、ジンジャーエールと煎茶のうま味が合わさった『スパイス&サワーティー』や抹茶とコーラを掛け合わせた新感覚の『抹茶コーラ』など、日本茶を使ったモクテルも用意する。 料理は、ビアガーデン初登場の7種類を含む全14種類を提供。おすすめは、豚フィレ肉にほうじ茶をたっぷりまぶし、低温でじっくりローストして柔らかく仕上げた『豚フィレ肉のほうじ茶ロースト』。存分に料理を楽しんだ後は、茶スイーツで締めよう。『1899お茶パフェ』は、自家製の抹茶プリンにベリーソースを重ねて挽(ひき)茶シャーベットやおこし、抹茶あられ、濃茶アイスなどをトッピングした和パフェで、見た目も華やかだ。 普段とは一味違ったビアガーデンを体験してみては。 ※17時00分~22時00分(2時間制)/L.O.は閉店の30時間前まで/公式イベントページはこちら

広告
  • Things to do
  • 価格 0/4
  • 横浜駅周辺

異国情緒あふれるランタンと一緒にロマンチックな夜を過ごすイベントが、横浜ベイクォーターで開催。ベトナムの古都ホイアンの夜市をイメージしたカラフルなランタンが、会場を彩っていく。 2022年6月15日(水)〜8月31日(水)の間には、アースカフェをはじめとする人気飲食店のフードトラックも並ぶ。ワンハンドフードとともに、美しい夏の夜空を眺めよう。 ※3階 メイン広場にて/11〜23時(ライトアップは17〜23時)/公式イベントページはこちら

  • Things to do
  • 信濃町

明治記念館では、東京都指定有形文化財(建造物)として指定された『明治記念館本館』や、庭園で料理を楽しむ『ビアテラス鶺鴒(せきれい)』を平日限定で開催している。 周囲に高い建物がなく見渡す限り開放的なロケーションが魅力だ。結婚式の料理も手がける料理人が振る舞う豊富なメニューの数々を満喫しよう。開放感のあるオープンエアな席で庭園を眺めながら、優雅な時間を過ごしてみては。 ※17~22時/公式イベントページはこちら

おすすめ
    関連情報
      広告