Fuji&Sun
Fuji&Sun

2022年5月にしかできないこと

食・アート・音楽など、5月開催のイベントを紹介

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告
  • Things to do
  • 青山

全国各地のバラに触れる『Rose Festival』が、国際連合大学の中庭で開催。神奈川県や茨城県、愛知県といった地域から、バラのスペシャリストが集う。 会場には、農家、花屋、フラワーアレンジメントのプロなどが出店。花器や手入れのポイントについてのアドバイスが気軽に聞ける絶好の機会だ。バラ科の果物農家や加工品を扱う出店者にも、ぜひ会いに行ってほしい。 今回は、天然のバラの香りで満たされたドームが初登場。「花の女王」と呼ばれる華やかなバラとともに、安らぎの時間を過ごそう。 ※中庭にて/10〜16時/公式イベントページはこちら

  • レストラン
  • 信濃町

東京の夏の風物詩ともいえる明治神宮外苑のビアガーデンが、3年ぶりに開催する。 『BBQ飲み食べ放題』メニューでは牛肉や豚肉、オーストラリア産味付けラム、『華味鳥』のつくね、プリマハムの『香薫®あらびきポークウインナー』などを用意。焼きそばや、焼きおにぎりなどと一緒に味わえる。生ビール3種類をはじめ、ハイボールや杏露酒(シンルチュウ)、8種類のソフトドリンクなど、充実したドリンクメニューもうれしい。 着席したままスマートフォンで追加オーダーができるシステム『stesso(ステッソ)』を導入しているので、好きなタイミングで注文可能だ。1000人が収容できる大きな会場だが、人気があるので早めの予約がお勧め。緑に囲まれた開放的な雰囲気の中で、心も腹も満たされるだろう。 ※16時30分~22時(土・日曜・祝日は12〜22時)/7月24日〜8月31日は14時〜22時30分(土・日曜・祝日は12時〜22時30分)/L.O.は閉店の1時間前まで/公式イベントページはこちら

広告
  • Things to do
  • マーケット&展示会・フェア
  • 上野

アジアのフードやドリンク、アルコール類が味わえるイベント。今回はタイ、ベトナム、ラオス、カンボジアなどの東南アジアの料理が集結する。お気に入りのメニューを味わったり、気になるローカルメニューにトライしたり、思い思いに楽しんでみよう。 アジア各国の芸能を紹介するコーナーも用意。上野公園を散策しながら、アジア旅行気分を味わってみては。 ※10~21時/公式イベントページはこちら

  • レストラン
  • 日本橋

緑に囲まれた開放的な空間でバーベキューを楽しめるビアガーデンが、日本橋髙島屋 S.C.本館の屋上に登場する。 ⽜、豚、鶏に加えて、マグロや赤エビなどのシーフードが入った『Surf&TurfプレミアムBBQプラン』や、骨付き肉を贅沢に焼き上げる『Bone steakプレミアムBBQプラン』など、ボリューム満点のコースを用意。120分のフリードリンクは生ビール、スパークリングワインなど7種が並ぶワインビュッフェや、カクテル、ソフトドリンクを取りそろえる。 『地下でお肉を買ってBBQプラン』では、地下1階の生鮮食品売り場で購入した食材の持ち込みも可能だ。気軽に立ち寄れるバーベキューで、気の合う仲間とリフレッシュしよう。 ※16時~22時30分(土・日曜・祝日は12時〜22時30分)/8月1〜8月31日は16時〜22時30分/公式イベントページはこちら 

広告
  • レストラン
  • 六本木

アークヒルズの屋上庭園に、今年も夏季限定のルーフトップラウンジがオープン。緑と風を感じられる開放的な空間に、ソファやテーブルがゆったりと置かれ、ラグジュアリーな気分でサステナブルワインやカクテルなどのドリンクやバーベキューが楽しめる。 肉厚のリブロースステーキとロブスターなど、よりすぐりの食材が味わえる『STEAK&LOBSTER BBQプレミアムコース』や、山の幸と海の幸が両方味わえる『TURF&SURF BBQコース』など、多彩なプランを用意。また、ビオやオーガニックのスパークリングワインから選べるのもうれしい。大人のビアガーデンで楽しい時間を過ごしてみては。 ※15~22時(土・日曜・祝日は12〜22時)/7月1日〜8月31日は15〜22時/公式イベントページはこちら

  • Things to do
  • 芝公園

東京タワーの真下のオープンエアな空間に、ビアガーデンならぬ「ハイボールガーデン」がオープン。 会場がフットタウン屋上と1階正面玄関前の2つに分かれており、好みのスタイルでハイボールが楽しめる。フットタウン屋上では、マザー牧場人気ナンバーワンメニューのジンギスカンと、ハイボールをはじめ各種アルコールやソフトドリンクが、120分食べ飲み放題で楽しめる。 1階正面玄関前では、超炭酸で作る『頂点ハイボール』や、東京タワーのライトアップをイメージした『東京タワーハイボール』など、さまざまなハイボールがそろう。 フードは、マザー牧場名物の自家製ベーコンとソーセージが楽しめる『マザー牧場コンボ』やあっさり塩味の『上海風焼きそば』など、ハイボールや生ビールにぴったりのメニューが提供される。爽やかな夜風を感じながら、最高品質のハイボールを堪能してみては。 ※『TOKYO TOWER”CHO-TEN”HIGHBALL GARDEN』は1階正面玄関前にて/4月8日~10月2日 16時~22時30分 (土・日曜・祝日は12〜22時30分)/4月1〜30日は21時30分まで(土曜は22時まで)/L.O.フードは閉店の1時間前まで、ドリンクは30分前まで/公式イベントページはこちら ※『TOKYO TOWER”ROOFTOP”HIGHBALL GARDEN』はフットタウン屋上にて/4月6日~10月10日 17時~22時30分/4月1〜30日は21時30分まで(土曜は22時まで)/L.O.フードは閉店の1時間前まで、ドリンクは30分前まで

広告
  • Things to do
  • 六本木

2014年から世界各地で巡回を行ってきた『アベンジャーズ展』が、ついに東京で開催。アベンジャーズに関する多彩な展示から、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界を心ゆくまで堪能できる展覧会だ。 アベンジャーズのトレーニング施設へ訪れ、「S.T.A.T.I.O.N.エージェント」になるまでの過程を追体験できるのが本展の特徴。アベンジャーズの頭脳や最先端技術を紹介する展示を通して、アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ハルクなど人気ヒーローの魅力に迫ろう。 世界初の展示となるオリジナル衣装や小道具も公開。最新のMCUフェーズ4の作品を含む進化版のイベントへ足を運んでみては。 入場には日時指定のチケットが必要。オリジナルTシャツが付いたチケットも販売される。訪れる際は、最新情報を確認してほしい。 ※10〜20時(入館は閉館の30分前まで)/公式イベントページはこちら

  • Things to do
  • 水道橋

北海道を中心に繰り広げられる金塊争奪戦を描いた、野田サトルによる大ヒット漫画『ゴールデンカムイ』の展覧会が、東京ドームシティのギャラリー アーモ(Gallery AaMo)で開催。舞台となる明治時代後期の北海道や樺太における冒険、歴史、文化、グルメ、狩猟など、本作のテーマを全て詰め込んだ大規模展だ。 本展には、120点以上ものイラストが登場。物語で重要な役割を果たすアイヌ民族の民具資料といった関連資料も展示され、『ゴールデンカムイ』の世界をより深く堪能できる。そのほか、描き下ろし原稿、作画資料、公式ファンブックにも掲載されていない情報も公開予定だ。綿密な時代考証や迫力満点のアクションで高く評価される作品の魅力に迫ってみては。 訪れる際は最新情報を事前に確認してほしい。 ※11〜20時(入館は閉館の30分前まで)/公式イベントページはこちら

広告
  • レストラン
  • 池袋

池袋パルコの屋上でコリアンバーベキューが楽しめるビアガーデンがオープン。 豚バラや薬味をサンチュに包んで楽しむ『サムギョプサルコース』(90分3,900円飲み放題付き〜)や、トロトロのレッドチェダーとモッツァレラチーズをうま辛チキンと絡めて味わう『Wチーズタッカルビコース』(90分3,900円飲み放題付き〜)、牛豚鶏が堪能できる『コリアンBBQコース』(90分4,500円飲み放題付き〜)を用意する。 ドリンクは、生ビールやハイボール、カクテルをはじめ、韓国焼酎チャミスルやマッコリなど40種類以上が飲み放題。海外への渡航が難しいなか、韓国旅行気分を味わってみてはいかが。 ※17~22時(土・日曜・祝日は11〜22時)/6月1日〜7月18日は17時〜22時30分(土・日曜・祝日は11時〜22時30分)/7月19日〜8月31日は12時〜22時30分/9月以降は16〜22時(土・日曜・祝日は11〜22時)/公式イベントページはこちら

  • Things to do
  • 原宿

『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』『シン・ウルトラマン』『シン・仮面ライダー』の名作がタッグを組む企画展が開催。庵野秀明が手がけた「シン・」と銘打つ4作品のコラボレーションプロジェクト、シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバースの初ポップアップイベントだ。 会場では、同プロジェクトの公式商品やそれぞれの作品のグッズを販売。各場面写真をはじめ、ポスタービジュアルも展示される。新作映画『シン・ウルトラマン』の貴重な映画資料なども楽しめるのがうれしい。日本のヒーローカルチャーあふれる空間に訪れよう。 ※11〜20時/公式イベントページはこちら 「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」©TTITk『シン・ゴジラ』© TOHO CO., LTD.『シン・エヴァンゲリオン劇場版』©カラー『シン・ウルトラマン』©2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 ©円谷プロ『シン・仮面ライダー』©石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

おすすめ
    関連情報
      広告