Photo: Vivace
Photo: Vivace

2022年4月にしかできないこと

食・アート・音楽など、4月開催のイベントを紹介

広告
  • アート
  • 渋谷

アール・ブリュットの先駆け者である都築響一が、日本各地で追い続けてきた「おかんアート」の展覧会が開催される。本展でいう「おかん」というのは、ひもや軍手、ボタンなど、捨てずに取っておいた日用品を材料にして新しいものを創造する感覚を持った作り手のことだ。 会場には、大小合わせた1000点以上の「おかんアート」と制作者たちの姿を映した写真が登場する。特別展示として行われる、日常的な廃材を使って自身の働く劇場の装飾を制作する荻野ユキ子、コロナ禍のステイホーム期間に作った新聞紙バッグがSNSで話題を呼んだ嶋暎子、広告チラシにイラストや刺しゅうを施し「チラシ箱」を生み出す野村知広による『おかん宇宙のはぐれ星』展も、ぜひチェックしたい。 専門的な美術教育を受けていない作り手たちの、自由な発想や表現方法に注目してみては。

  • レストラン
  • 有楽町

キハチ カフェで、期間限定のストロベリーフェアが開催。旬のイチゴの甘さを最大限に引き出した9種類のスイーツを順次提供していく。 2022年1月16日(日)~2月15日(火)の第1弾には、看板メニューのナポレオンパイにショコラクリームでアレンジを加えた『ショコラナポレオンパイ』と、イチゴソースをあしらったクレープが登場。2月16日(水)~3月15日(火)の第2弾では、シンプルなショートケーキ、フレッシュチーズであるフロマージュブランのクリームを使用した『ホワイトショコラナポレオンパイ』が味わえる。 日比谷シャンテ、アトレ浦和、ペリエ千葉といった全国の店舗で開催。訪れる際は、事前に最新情報を確認してほしい。

広告
  • Things to do
  • 神谷町

独特の色彩美と幻想的な世界観で国内外を魅了する蜷川実花と、東京エディション虎ノ門のコラボレーションによるアフタヌーンティーが開催。花の愛らしさ、妖艶さ、生命力を繊細に切り取った蜷川の作品をテーマに、エディブルフラワーをふんだんにあしらったスイーツやセイボリー、スコーンが味わえる。 2022年2月8日(火)~3月14日(月)には、まるでカラフルな花園のような『Love In Bloom アフタヌーンティー』を提供。花が飾られたガスパッチョや、フランボワーズでピンクに色づいたマスカルポーネがフォトジェニックだ。 3月15日(火)~4月30日(土)には、季節感あふれる『SAKURA アフタヌーンティー』を提供。蜷川の写真集『SAKURA』の写真とともに、桜色に彩られたビーツのパンナコッタや桜の風味豊かなスイーツ、ムラサキイモのサンドイッチが楽しめる。心躍る華やかな午後のひとときを過ごしてみては。

  • Things to do
  • 六本木

『名探偵コナン』の参加型イベントが、六本木ミュージアムで開催。作品世界とリアル空間が融合した本イベントでは、2022年4月に公開される新作映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』に関わるオリジナルストーリーを、多様なアトラクションとともに体験できる。 参加者は、作品の舞台となる「米花町」などを散策をしつつ、主人公の江戸川コナンたちと一緒に謎解きに挑んでいく。「毛利探偵事務所」をはじめ、物語でなじみ深いさまざまなスポットの出現に、思わず胸が弾むこと間違いなしだ。映画の主要キャラクターにフォーカスした特別展示も実施。劇場版をより深く堪能するべく、「演劇」「謎解き」「展示」をかけ合わせたエンターテインメントに足を運ぼう。 訪れる際は、最新情報を事前に確認してほしい。 

広告
  • レストラン
  • ビュッフェ
  • 品川

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル内の26階にある、イタリアングリル、メロディアでストロベリーランチブッフェが開催される。 選べるメインのほか、イチゴづくしの前菜やサラダ、タルトやマカロンをはじめとした旬のイチゴデザートを用意。『ストロベリーガスパチョ』や『苺とキャラメルナッツのキッシュ』など、イチゴをふんだんに使用したメニューをブッフェスタイルで好きなだけ楽しめる。 天井の高さ27メートルの吹抜けが圧巻のラグジュアリーな空間で、優雅なランチタイムを過ごそう。

広告
  • アート
  • 価格 0/4
  • 銀座

彫刻家の名和晃平によるインスタレーションが、ギンザ シックス2階の中央吹き抜け空間に登場する。 本作品は「生命と物質、その境界にある曖昧なものが共存する世界」をテーマに、アルミナやマイクロビーズの粒で覆われた彫刻が空中に浮かぶように展示される。また、振付家であるダミアン・ジャレと共同制作したデジタルアートパフォーマンス(iPhone5G対応のAR表現)も展開。 ショッピングの合間に、リアルとバーチャルの融合によるアート作品に注目してみては。

  • Things to do

3年に1度開催される、世界でも最大規模の芸術祭『越後妻有 大地の芸術祭 2022』が、新潟県南部の越後妻有(えちごつまり)地域で開催される。総合ディレクターを務めるのは、2000年の第1回から就任している北川フラム。過去の開催時に制作された恒久作品と新作が一堂に展示される予定だ。 なお、2022年1月29日(土)〜3月13日(日)には、雪とアートが楽しめる企画『「大地の芸術祭」の里 越後妻有2022冬SNOWART』を開催する。 関連記事 『地方創生の成功例、大地の芸術祭について知っておきたい基本的なこと』 『この夏は新潟でアート鑑賞に浸ろう、大地の芸術祭の見どころを紹介』

広告
  • Things to do
  • 銀座

作画の高いクオリティーで話題となったテレビアニメ『鬼滅の刃』の展覧会が、松屋銀座で開催。本展は、2021年から放送中の『無限列車編』と、それに続く『遊郭編』にフォーカスを当てたものだ。会場には、迫力満点の映像エリアをはじめ、さまざまな企画が登場する。この機会に、宿敵である鬼との激闘を体感しよう。 グッズ付きチケットも販売。入場には、日時指定のチケットが必要。訪れる際は、公式ウェブサイトを確認してほしい。

  • 音楽
  • 音楽フェスティバル
  • 上野

桜の上野を舞台に国内最大級のクラシック音楽の祭典が開催される。上野公園の各施設(東京文化会館、各美術館・博物館)などを使って繰り広げられるこの祭典では、クラシックのほかオペラ、オーケストラ、室内楽、リサイタル公演など多彩なプログラムが楽しめる。 世界的な指揮者であるリッカルド・ムーティと東京春祭オーケストラによるオープニング公演、東京春祭ワーグナー・シリーズ『ローエングリン』、東京春祭プッチーニ・シリーズ『トゥーランドット』といった大型公演は見どころだ。上野公園内の各美術館や博物館では『ミュージアム・コンサート』の開催も予定している。 いつもとは一風変わったロケーションで、心地よい音楽と共に春の訪れを感じてみては。

おすすめ
    関連情報
      広告