鳥越神社 茅の輪くぐり

  • Things to do
広告

タイムアウトレビュー

鳥越神社ほかにて、茅草(かやくさ)でできた輪をくぐり、穢れ(けがれ)を払って厄災を免れる「茅の輪くぐり」が行われる。毎年6月最後の日に「夏越しの払い」として行われる風習だ。祭典は20時スタートだが、自分の穢れを託した人形(ひとがた)を神社に提出する必要があるので、夕方までに神社に行くことを勧めたい。鳥越神社のほか、都内では、愛宕神社乃木神社神田明神など多くの神社で開催される(日程は神社により異なる)。溜まった穢れを払い、清い体で残り半年を過ごしたい。

詳細

住所
広告
関連情報