西湖いやしの里根場

Things to do
1/3
西湖いやしの里根場
2/3
西湖いやしの里根場
3/3
西湖いやしの里根場

タイムアウトレビュー

西湖いやしの里根場は、かつて農村だった場所が野外博物館となったもので、富士五湖の一つである西湖の岸からそう遠くないところに位置している。趣ある田舎のたたずまいは理想的な撮影スポットで、そびえ立つ富士山が伝統的で魅力的なかやぶき屋根の家の背景となる。

根場村は1966年に大規模な土砂崩れにより壊滅し、今日見られる20軒の古民家は元の形に忠実に復元されたもの。今では工芸品の工房となっており、焼きもの、線香、織物などが作られている。敷地全体が博物館となっていて、かつての農民の暮らしや、半世紀以上前に起こった悲劇的な災害について知ることができる。

また、風光明媚なこの村を見下ろす小さな橋で、富士山をバックに記念写真を撮ることを忘れてはいけない。そこでは一人当たり1,000円程で着物や侍の鎧がレンタルできる。
アート好きの人は敷地内のギャラリーをチェックしよう。定期的に変わる地元アーティストによる展示が行われている。私たちが訪れたときは、1975年から1990年代初期まで放送されていた「まんが日本昔ばなし」の有名なイラストレーター兼プロデューサーの前田康成に会うことができた。
腹がすいたら入り口近くの小さな食堂で、ほうとうを注文してみてほしい。山梨の郷土料理であるほうとうは平たい麺で、肉や季節の野菜とともに心温まるみそ汁に入れて提供される。

掲載日

詳細

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町西湖根場2710
Tokyo

アクセス JR富士急行線『河口湖』駅からバスで40分
価格 350円、小・中学生150円
問い合わせ
営業時間 3月~11月 9時00分~17時00分、12月~2月 9時30分~16時30分(入場は閉館の30分前まで)
関連情報
    最新ニュース