萩の湯

Things to do 鴬谷
1/5
2/5
3/5
4/5
5/5

タイムアウトレビュー

2017年5月にビルを立て替え、階ごとに男女の浴室を分ける大幅なリニューアルを行った萩の湯。一般的な銭湯の倍はあろうかという広さの浴場では、光マイクロバブル湯や電気風呂、炭酸泉、露天風呂、ジェット風呂、女湯には塩サウナもあり、種類豊富な風呂が楽しめる。設備の豊富はもさることながら、ジェット風呂の水圧やサウナ室の温度、水風呂の広さなど、細かな部分にこだわりが感じられる。手がけたのは、上野の寿湯の再生させた、やり手の銭湯経営者として知られる長沼雄三。「銭湯の範疇(はんちゅう)でやれることはすべてやる」という長沼の気概が満ちている。

2階の食堂は、本格的な味の中華料理やカレーが売りで、入浴をせずに食堂だけを利用する客も多い。ドリンクは下手な居酒屋よりも品揃えがいい。ビールは国産のクラフトビールを数種類置いている。鶯谷に降り立つことがあれば、必ず立ち寄りたい場所だ。

掲載日

詳細

住所 東京都台東区根岸2-13-13
Tokyo

アクセス JR山手線・京浜東北線『鶯谷』駅 徒歩10分
価格 460円、中人180円、小人80円、サウナ(平日) 120円(土曜、日曜・祝日) 170円
問い合わせ
営業時間 6時00分〜9時00分(最終受付8時30分)、11時00分〜25時00分(最終受付24時30分)、食事処こもれび 11時30分~22時00分/定休日は第3火曜

ユーザー評価

LiveReviews|0
1 person listening