戦禍の記憶

Things to do
戦禍の記憶

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

戦争の悲惨な傷痕に今なお苦しむ声なき民に向き合い、平和の尊さを問い続ける写真家、大石芳野(おおいし・よしの)の写真展が開催される。広島や長崎、沖縄、朝鮮半島に大きな傷を残している太平洋戦争の後遺症をはじめ、メコンの嘆きと言われるベトナム、カンボジア、ラオスの惨禍、そして民族や、宗教・宗派の対立で苦しむアフガニスタン、コソボ、スーダン、ホロコースト。そんな痛みであふれる世界の中で、たくましく生きようとする人間。約40年にわたって戦争の犠牲となった人々を取材し、いつまでも記憶される戦禍の傷にレンズを向けた作品約150点を前に、再度平和について考えよう。

詳細

関連情報