国立能楽堂12月特別企画公演・新作狂言「鮎」

Things to do
0 Love It
保存する
国立能楽堂12月特別企画公演・新作狂言「鮎」

この冬、国立能楽堂が新作狂言『鮎』を委嘱初演する。脚本は、現代日本を代表する作家のひとり池澤夏樹が、演出と主演は、演劇分野を幅広く活躍する野村萬斎が、それぞれ担当するなど、豪華な顔ぶれとなっている。今作品は、海外の民話をもとに書かれた短編小説『鮎』を、狂言台本に書き直したもので、池澤初の狂言執筆。これまでに見たことのない、新感覚の狂言に挑戦した舞台となっている。池澤文学のエッセンスと野村の演出が、どのように融合されるか、楽しみだ。

掲載日

イベントのウェブサイト http://www.ntj.jac.go.jp/nou/h29/nou_12
LiveReviews|0
1 person listening