佐渡村衣裳店

Things to do
佐渡村衣裳店
1/5
Photo: Kisa Toyoshima
佐渡村衣裳店
2/5
Photo: Kisa Toyoshima
佐渡村衣裳店
3/5
Photo: Kisa Toyoshima
佐渡村衣裳店
4/5
Photo: Kisa Toyoshima
佐渡村衣裳店
5/5
Photo: Kisa Toyoshima

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間が異なる場合もあるため、公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

金糸や銀糸を使った華やかな石見神楽の衣装を手がける一軒。元サラリーマンだった佐渡村孝明が2008年にスタートした。

引き受ける仕事は、40〜50年前の衣装の修復から、新しいものの制作までさまざま。原画を描くところから刺しゅう、仕立てまで、全ての作業を店内で行っている。

修復は、持ち込まれた昔の衣装や幕と全く同じものを作るいわばコピーのような作業。色味や糸の重ね方、形など、全てを同じにしなければならないのだ。とても大変そうに思えるが、独学の佐渡村は「横のつながりがない衣装店にとって、頼りになるのは古い衣装。修復という作業自体が勉強になっている」と話す。

石見神楽の神楽面や蛇胴にも用いられる石州和紙は、実は衣装を製作する際にも活躍。龍(りゅう)や虎といった絵柄は、まず石州和紙に刺しゅうされ、それを型通りに切り取り、地の布に縫い付けている。また、昔は真綿を入れて立体感を出していた部分も、現在は石州和紙を入れることもあるそうだ。

5人以上で訪れる場合、1週間前に事前予約をすれば、工房内の見学や衣装の着用体験ができる。

掲載日

詳細

住所 島根県浜田市三隅町岡見1212
Tokyo

アクセス JR山陰本線『岡見』駅から車で5分
問い合わせ
営業時間 9時00分〜16時30分/定休日は日曜・祝日
関連情報