今日しかできないこと:6月7日(木)

常連になる。ー6月7日はポール・ゴーギャンの誕生日

常連になる。ー6月7日はポール・ゴーギャンの誕生日

67日は、フランスの画家ポール・ゴーギャンの誕生日。ゴーギャンは、晩年タヒチへ渡り島の女性たちなどを描いた作品で知られている。今日は、タヒチの国花の名前を冠したバーティアレで、極上のカクテルを味わおう。同店は、フレッシュフルーツカクテルで有名なオーセンティックバー。店名は、ゴーギャンがモデルの小説『月と六ペンス』の一文「ティアレの香りを嗅いだものは、再びタヒチに帰ってくる」から、また訪れたくなる店にしたいとの思いを込めてオーナーが引用したものだ。繊細な手仕事による見た目も美しいカクテルを飲めば、何度でも通いたくなるだろう。

バー ティアレの詳しい情報はこちら

タイムアウト東京が注目するイベント

モネもセザンヌも観る。

プーシキン美術館展 —旅するフランス風景画

世界的な西洋絵画コレクションを誇る、モスクワの国立プーシキン美術館から、珠玉の作品群が来日している。プーシキン美術館の展覧会は、2013年にも横浜美術館などで開催されたが、今回の展覧会は「風景画」にフォーカスを当て、風景画というジャンルが確立された17世紀から20世紀に至るまでの作品65点を展示。モネやゴーガン、セザンヌなど、プーシキン美術館らしいフランス近代絵画のラインナップも充実している。

詳細情報
東京都美術館 , 上野 2018年7月8日 まで

3年に一度の祭典に集う。

Dance Dance Dance @ YOKOHAMA

3年に一度、横浜市内で開催されるダンスの祭典、『Dance Dance Dance @ YOKOHAMA』。2018年は、フランスの国立シャイヨー劇場ディレクター、メゾン ド ラ ダンス総合監督などを歴任したドミニク・エルヴュ(Dominique Hervieu)と、NHKの番組でも人気のコンドルズを主宰する近藤良平(こんどう・りょうへい)がディレクターを務める。フェスティバルのオープニングを飾るのは、東京バレエ団。横浜港を望む象の鼻パークの野外特設ステージで、今回もモーリス・ベジャール(Maurice Béjart,)の『ボレロ』など、選りすぐりのレパートリーを披露する。そのほか、アクラム・カーン(Akram Khan)や平山素子、森山未來、東京ゲゲゲイなど、多数の公演がラインナップされている。ストリートダンスや社交ダンス、狂言、ジャワ舞踊など、ジャンルも様々。親子で楽しめる、参加型プログラムも充実している。

詳細情報
象の鼻パーク , 横浜 2018年8月4日 - 2018年9月30日
Advertising
そのほか本日開催されるイベント一覧はこちら

コメント

0 comments