今日しかできないこと:6月4日(日)

童心に帰る。ー6月4日は虫の日
等々力渓谷
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

童心に帰る。ー6月4日は虫の日

6月4日は「む(6)し(4)」の語呂合わせで、虫の日。今日は童心に戻り、昆虫の観察や採集に出掛けてはどうだろう。23区唯一の渓谷、等々力渓谷公園なら、様々な生きものに出会えるはず。季節はまだ早いが、6、7月にはホタル、真夏にはカブトムシやクワガタなどを見つけることもできる。植物も豊かなので、いい気分転換になるはずだ。

等々力渓谷公園の詳しい情報はこちら

先週1週間で最も読まれた記事ベスト3

映画, ドラマ

しかめっ面のブラピに従う。

ウォー・マシーン 戦争は話術だ!

Netflixオリジナル作品で、ブラッド・ピットが優秀なアメリカ軍大将のグレン・マクマホンを演じた。マクマホンは、アフガニスタンに駐留する司令官の驚くべき行動を描いたノンフィクション小説『The Operators』に登場する陸軍大将スタンリー・マクリスタルから着想を得たキャラクターだ。気高いライオンを自称する、平凡な兵士をおだてて死の戦地に送るマクマホンのような者に怒りの非難が当てられる。めちゃくちゃで厄介なストーリー、そして不思議と楽しめる映画だ。2017年5月26日(金)よりNetflixにて配信開始

タイムアウトレビュー
ニュース, シティライフ

梅雨を跳ね返す。

6月にオープンする注目ヴェニュー5選

タイムアウト東京が注目するニューオープンを毎月紹介。梅雨が近づく今月も、気になるヴェニューが続々とオープンする。なかでも注目は、パリやソウル、ニューヨークなど、世界各地にギャラリーを持つペロタンがオープンさせたPERROTIN TOKYOや、食事と一緒に卓球を楽しめるレストランバーが入居するT4 TOKYOだろう。そのほかにも、26種のラーメンを提供する香港屋台 カンフーキッチン 北千住店などがオープンする。悪天候にも負けず外出を楽しんでほしい。

Advertising
ニュース, アート

アートと自然を楽しむ。

初開催の北アルプス国際芸術祭。見どころを紹介

長野県北部の信濃大町にて、2017年6月4日(日)より開幕する『北アルプス国際芸術祭』。マーリア・ヴィルッカラ、布施知子、大岩オスカール、ジミー・リャオら、国内外から36組のアーティストが参加する、今年注目の国際芸術祭のひとつだ。総合ディレクターは、『瀬戸内国際芸術祭』や『大地の芸術祭』など、数多くの芸術祭を手がけてきた北川フラムが務める。開催の3週間前のプレスツアーでは、アーティスト本人によるプレゼンテーションや、北川から作品や見どころの紹介などが行われた。豊かな水をたたえた北アルプスのふもとで開催される「里山型」の芸術祭は、地元の自然と文化を尊重した見応えあるものとなりそうだ。

Advertising
This page was migrated to our new look automatically. Let us know if anything looks off at feedback@timeout.com