今日しかできないこと:3月5日(日)

美は神にあやかる。ー3月5日は巫女の日、ミスコンテストの日
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

美は神にあやかる。ー3月5日は巫女の日、ミスコンテストの日

3月5日は、「み(3)こ(5)」の語呂合わせから巫女の日。また、1908年のこの日、時事新報社が日本初のミスコンテスト入賞者を紙上掲載したことから、ミスコンテストの日でもある。今日は、神田明神に出向いて、巫女から『美守』を購入してみてはいかがだろうか。いつまでも美しくいられるように祈りが込められた『美守』は、因幡の白うさぎがデザインされ、よく見るとウエストにくびれがある。ネイリストやエステティシャンなど、美容関係の職業に携わる人にもおすすめしたい。

神田明神の詳しい情報はこちら

先週1週間で最も読まれた記事ベスト3

アート

水玉の女に会いに行く。

草間彌生展「わが永遠の魂」に行くべき5の理由

テキスト:Matt Schley 草間彌生、あの赤い水玉模様の彼女が、大規模個展『わが永遠の魂』とともに東京に帰ってくる。この展覧会は2017年5月22日(月)まで、六本木の国立新美術館で開催される。行列必至と言われる展覧会の魅力、なぜ行くべきなのか。5つの理由をここに挙げてみよう。
映画, ドラマ

楽園を探す旅にでる。

バンコクナイツ

夜の街を駆け抜けるトゥクトゥク、きらめく歓楽街。バンコク独特の熱気とイサーン地方の穏やかな空気を含んだ本作は、映画『サウダージ』などで知られる、映像集団「空族」の富田克也と相澤虎之助が10年の構想を経て完成させたロードムービーだ。 タイのタニヤ通りという、実存する日本人専門の歓楽街で娼婦として働く主人公のラックと、日本に居場所を失くし、タイに渡った元自衛隊員のオザワが再会し2人の物語は動きだす。
タイムアウトレビュー
Advertising
ニュース, シティライフ

ユニークなアイデアに驚く。

3月にオープンする注目ヴェニュー5選

タイムアウト東京が注目するニューオープンを毎月紹介。陽気も暖かくなってくる今月は、ユニークな施設のオープンが目立つ。そのなかでも注目は、浦安にオープンするロボットが接客するホテル「変なホテル 2号棟」や、1300人以上の観客を乗せて360°回転する円形劇場「IHIステージアラウンド東京」だろう。また、風船の中にスポンジケーキを忍び込ませた『空飛ぶケーキ』など夢あるメニューも素敵な「DOMINIQUE ANSEL BAKERY JAPAN at GINZA」など、ユニークなアイデアが光るヴェニューを紹介する。 
Advertising
This page was migrated to our new look automatically. Let us know if anything looks off at feedback@timeout.com