今日しかできないこと:3月26日(日)

稀代の名作曲家に思いを馳せる。ー3月26日はベートーヴェンの命日

稀代の名作曲家に思いを馳せる。ー3月26日はベートーヴェンの命日

3月26日は、「楽聖」ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの命日。数々のクラシックの名曲を作り上げた偉大な作曲家は、1827年の同日、病床に伏していたウィーンの自宅で息を引き取った。今日は、まるでクラシックコンサートの会場を訪れたかのような気分に浸れる名曲喫茶を紹介しよう。ウィーンの音楽ホールを模して作られた、阿佐ヶ谷にあるヴィオロンでは、店主手作りのスピーカーで名曲を堪能できる。午後6時ごろからは生演奏も行われているので、愛好家もそうでない人も、一度クラシックの雰囲気を味わってみて欲しい。

ヴィオロンの詳しい情報はこちら

先週1週間で最も読まれた記事ベスト3

おやつはカントリースタイルに限る。代官山、銀座、恵比寿、麻布十番の人気キャロットケーキ。

東京、キャロットケーキ8選

東京で、キャロットケーキが人気を集めている。アメリカ、イギリスなどの伝統的なホームメイドケーキで、細かくしたにんじん、ナッツやドライフルーツ、スパイスなどを入れて焼いたシンプルな生地に、チーズフロスティングが添えられている。東京でも、アメリカンケーキや、ベイクショップ(ホームメイド感のあるアメリカやイギリスの焼き菓子の店)人気の高まりとともに、カフェやホテルでも美味しいキャロットケーキを楽しめるようになった。アメリカの味を再現したもの、日本人の嗜好に合わせた甘さ抑えめのもの、ラグジュアリーに進化したものなど、東京で楽しめる8種類の人気キャロットケーキを紹介する。

詳細情報

チェックインは恐竜ロボに任せる。

敏腕ロボットたちが出迎える、変なホテルがオープン

お台場の観光案内所に設置された、3ケ国後を話すアンドロイド『地平ジュンこ』、人型ロボット『Pepper』など、ロボットが接客現場でじわじわと活躍しはじめた昨今。2017年3月15日(水)にロボットが接客を行う、変なホテル 舞浜 東京ベイが千葉県、舞浜にオープンした。同ホテルは、2015年7月に長崎県のハウステンボスが運営する1号棟が長崎にオープンし、「初めてロボットがスタッフとして働いたホテル」としてギネス世界記録証™に認定されるなど話題となった。舞浜では、館内で働く敏腕ロボットたち9種類、140体のロボットがメインに接客を行い、人間のスタッフは7人ほどで、裏方にまわっていることが大きな特徴だ。

詳細情報
By Mari Hiratsuka
Advertising

生まれ変わったら看板猫になる。甘味処で働くサブ(6歳)巣鴨にて。

パブリックキャット 第32回

とげぬき地蔵尊の名で親しまれている高岩寺をはじめ、名物の塩大福を販売するする和菓子店や煎餅屋、婦人服店など、どこかノスタルジックな香りのする巣鴨地蔵通り商店街は、観光客の姿も多く見られる巣鴨の人気のスポットだ。様々な店が所狭しと並んでいるので商店街を歩くだけでも十分満足できてしまうが、身体に優しい甘味と大きな体の看板猫に癒されたい人は、商店街から1本入った小道まで探索してみよう。メインの通りを少し入ったところ、とげぬき地蔵尊のすぐ近くに店を構える甘露七福神を訪ねると、女性客に撫でられて気持ち良さそうな看板猫のサブ(6歳)が迎え入れてくれた。

詳細情報
By Shiori Kotaki

コメント

0 comments