今日しかできないこと:11月27日(日)

MOTTAINAI精神を養う。ー11月27日はノーベル賞制定記念日
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

MOTTAINAI精神を養う。ー11月27日はノーベル賞制定記念日

1895年11月27日にスウェーデンの化学者のアルフレッド・ノーベルが、ダイナマイトの発明で得た財産を人類の平和に寄付するという遺言状を書き、ノーベル賞が始まるきっかけとなったことから、今日はノーベル賞制定記念日。浅草のアミューズミュージアムは、ノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、ワンガリ・マータイさんが広めた「MOTTAINAI(モッタイナイ)」の考えのもと誕生した、日本の美術工芸を紹介する美術館。美術館自体も築43年の建物をリノベーション使用している。常設展コレクションのボロは、江戸時代から農村などで継ぎ充てを重ね、何代にもわたって着続けられた着物。もともとは丈夫にするための作業であったが、パッチワークのような独特なデザインが高く評価され、現代美術のコレクターからも買い求められるという。昔のものの美しさに触れることで、今自分が何気なく使っている身の回りのものにも価値を見出してみてほしい。

アミューズミュージアムの詳しい情報はこちら

先週1週間で最も読まれた記事ベスト3

映画, ドラマ

美しい悪夢に引きずり込まれる。

エヴォリューション

ルシール・アザリロヴィック監督が描いた、忘れがたいほど奇異な物語の舞台となったのは、フランス沖のどこかにある人里離れた島だ。その島では、白い眉と黒い瞳を持った女性たちが少年たちを育てており、父親たちはどこにも見当たらない。昼には少年たちが珊瑚礁の広がる海へ泳ぎに行き、夜になると母親が彼らにドロドロに凝固したイカ墨のような液体を食べさせ、痩せ細った腕に薬と称する催眠作用のある粘液を注射する。
タイムアウトレビュー
映画, ドラマ

美しい映像と音楽に浸る。

インタビュー:半野喜弘

パリを拠点に、映画音楽からエレクトロミュージックまで幅広く世界で活躍し、アジア映画の名匠たちの映画音楽を手がけてきた音楽家、半野喜弘の初監督作品『雨にゆれる女』が2016年11月19日(土)より公開される。本作は、本名を隠し別名を名乗って暮らす男(青木崇高)と、その男のもとに預けられた謎の女(大野いと)が、本当の姿を明かさないまま、次第に惹かれ合っていく姿と、悲しい運命の皮肉をサスペンスタッチで描いた作品だ。音楽家である半野が映画という表現にどのように向き合い、映画『雨にゆれる女』 は産み出されたのだろうか。
Advertising
ニュース, シティライフ

屋上から市場を眺める。

移転に揺れる築地に、新施設「築地魚河岸」がオープン

日本の食文化を支える台所として、81年間にわたり絶え間なく動き続けている築地市場に、新施設「築地魚河岸」が2016年11月19日(土)にプレオープンした。築地魚河岸は、市場が豊洲に移転した後も活気と賑わいを絶やさないために、中央区が設置した施設である。 
Advertising
This page was migrated to our new look automatically. Let us know if anything looks off at feedback@timeout.com