タイムアウト東京ガイドマップ「横浜でしかできない50のこと」(英語版第5版)がリリース

今回はラグビースペシャル

Yokohama map 5th edition 2018
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

タイムアウト東京の人気ガイドマップ『横浜でしかできない50のこと』(英語版)の第5版がこのほど、リニューアル発行された。

来年は国際的スポーツ大会が日本で開催される。中でも横浜は、大会の中心地だ。多くのスポーツファンが世界各国から詰めかけることになるのだろう。今回も、話題の新店舗を含め、横浜を思い切り楽しんでもらえるスポットを50件紹介している。

日産スタジアムこと、横浜国際総合競技場は決勝戦の会場だ

定番スポットは抑えつつ、観光客だけでなくスポーツファンに向け、横浜での滞在や試合の観戦を楽しんでもらうべく、スポーツバーやスクリーンのあるレストランを多く紹介している。

散歩コースとして人気の山下公園

また、横浜の中区エリアではクラフトビールが100種類以上飲めるほか、一部醸造所では見学ができるなど、ビールシーンが盛り上がっている街でもある。オススメのパブを5軒ピックアップした。

馬車道タップルーム (Bashamichi Taproom)では20種類以上のオリジナルクラフトビールが味わえる

価格は無料。通常取り、都内のほか、横浜の主要駅の観光案内所やホテル、セブンイレブンの一部店舗でも配布予定。カバーデザインも横浜とラグビーのイラストで、大会を盛り上げる一員として活躍することを願う。

横浜を代表する飲屋街、野毛の濱牛では安価で上質な焼肉が食べられる

中華街でも最大と言われる江戸清の豚まんはぜひ挑戦してほしい

Advertising