ゴールデンウイーク、小旅行したいイベント

見渡す限りの芝桜や、瀬戸内海のアートに息を飲む

富士芝桜まつり2019
富士芝桜まつり2019
作成者: Miroku Hina |
Advertising

タイムアウト東京 > THINGS TO DO > 東京、ゴールデンウイークイベント100> 小旅行したいイベント

最長10日間のゴールデンウイーク。せっかくなら東京を抜け出して、いつもとは違う風景と出合いに出掛けたい。海外と言わずとも、瀬戸内国際芸術祭をはじめとした見応え抜群のアートイベントや、大自然の美味しい空気を吸いながら踊って飲める音楽フェスなど、アクセスしやすい注目イベントが各所で開かれている。今からでも遅くない。本特集を小旅行の予定に役立ててほしい。

アート

瀬戸内国際芸術祭2019

icon-location-pin 直島,
icon-calendar

日本を代表する国際芸術祭。瀬戸内海に浮かぶ直島、豊島、女木島、男木島などの島々で開催されている。総合ディレクターを務めるのは、『大地の芸術祭』と同じく北川フラム。穏やかな瀬戸内海の豊かな自然の恵みに囲まれて、ぜいたくな時間を過ごすことのできるトリエンナーレだ。2019年も前回の2016年に引き続き、春、夏、秋で開催期間が分かれ、計107日間の会期で展開する。会場は、直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙弥島(春)、本島(秋)、高見島(秋)、粟島(秋)、伊吹島(秋)、高松港周辺、宇野港周辺と数多く、また基本の移動が船になるため、時間に余裕を持って複数回訪れるのもいいだろう。 今回の新作としては、初回の2010年から参加している現代美術家の塩田千春(しおた・ちはる)と、フランスを拠点に活躍する建築家の田根剛(たね・つよし)によるコラボレーション作品(豊島)や、森美術館での個展も好評だったレアンドロ・エルリッヒ(Leandro Erlich)が開店させるコインランドリー(女木島)などが注目を浴びている。また、国立ハンセン病療養所の大島青松園にて複数の作品を発表予定の鴻池朋子(こうのいけ・ともこ)や、焼き芋カーの『金時』で知られるYotta(ヨタ)、インドのラックス メディア コレクティブ(Raqs Media Collective)などが初参加する。犬島「家プロジェクト」にも、新たにブラジルのベアトリス・ミリャーゼス(Beatriz Milhazes)と半田真規(はんだ・まさのり)の作品が登場するほか、女木島でも先述のエルリッヒが参加する「島の中の小さなお店」プロジェクトがスタートし、フランスのヴェロニク・ジュマール(Véronique Joumard)や宮永愛子 (みやなが・あいこ)らが参加する。

アトラクション, 観光

SAKUYA LUMINA

icon-location-pin 大阪城天守閣,
icon-calendar

大阪城に新たなナイトスポット。サクヤルミナは、カナダ モントリオールに本拠地を構えるデジタルアート集団Moment Factoryが開発した『ルミナ ナイトウォーク』の9作目となるシリーズ最新作だ。その土地がもつ固有の文化や美しい自然にインスピレーションを受けた幻想的な光や音、演出、映像、インタラクティブな仕掛けがナイトウォークを演出する。「未来からやってきた少女アキヨと、不思議なジョイスピリットたちと一緒に未来への帰り道をさがす」というストーリーに沿って、幻想的な空間に変貌した大阪城公園を散策してみよう。

Advertising