東京のベストミュージアム・ギャラリーショップ

美術館やアートギャラリーを巡った後は、素敵なショップで土産を選ぶ

東京には世界最高のショッピングスポットが数多くあることは間違いない。この都市のショッピングシーンのもっともユニークな側面の1つは、美術館やギャラリーなどの中にある素敵なショップだ。ショップ自体がギャラリーの役割を果たしているものさえあり、全国のデザイナーや職人によるユニークな作品が展示され、限定品が売られていることもよくある。都内のミュージアムショップとギャラリーショップを紹介しよう。

スーベニア フロム トウキョウ
1/6

スーベニア フロム トウキョウ

国立新美術館のミュージアムショップ。よくあるポストカードや大型本ももちろんあるが、それ以上のものを豊富に販売しているミュージアムショップ。店名に違わず、日本風のアクセサリーや服、陶器類などのほか、ミナペルホネンやアンリアレイジなどの著名な日本のデザイナーの作品が揃っている。探しているものが思い出の品であっても、友達に贈るちょっと変わったプレゼントであっても素敵な1品が見つかるだろう。

詳細情報
乃木坂
d47ミュージアム
2/6

d47ミュージアム

渋谷ヒカリエ8階にあるミュージアム。都道府県の数と同じ47の展示台が常設され、建築、工芸、食、ファッション、自然環境など、47都道府県をめぐる様々なテーマの企画展を開催。展示に連動した講演や実演、ワークショップなども積極的に行っており、外国人観光客や企業、若手クリエイターらを繋ぐ「日本の今」が分かる物産美術館を目指している。同ミュージアムが入居するクリエイティブスペース『8/』は、D&DEPARTMENTのナガオカケンメイがディレクションを手がけており、ほかにd47食堂やd47 desing travel store、現代美術ギャラリー、シェアオフィスなどが入居している。  

詳細情報
渋谷
東京国立博物館ミュージアムショップ
3/6

東京国立博物館ミュージアムショップ

東京国立博物館の本館1階にあるミュージアムショップ。開催中の展覧会に関するグッズのほか、所蔵品をモチーフにしたオリジナルグッズなどを扱う。バッグや文房具、アクセサリーなどが所蔵品の説明と一緒にディスプレイされており、海外の友人への土産にも重宝するだろう。また、スロープで上がったところにある中2階には、美術に関する書籍がずらりと並び、ちょっとした図書館のようだ。過去の展覧会の図録や東博出版の書籍など、常時約4500種が取り揃えられている。ついつい目移りして長居してしまうことは想像にたやすい。

詳細情報
上野
六本木ヒルズ A/D ギャラリー
4/6

六本木ヒルズ A/D ギャラリー

六本木ヒルズアート&デザインストアに併設するギャラリー。現代アートを中心に、奈良美智といった世界的に人気の高い作家から若手作家まで、幅広く紹介する企画展を開催している。現代陶芸家の青木良太展など、アート&デザインストアと連動した展示も多い。 

詳細情報
六本木
モマデザインストア
5/6

モマデザインストア

おすすめ

ニューヨーク近代美術館の国外初進出となるミュージアムショップ、モマ(MoMA)デザインストア。GYREビル3階にありMoMA限定商品などを含む2000アイテムほどを取り揃えている。もちろんMoMA永久所蔵品も扱う。ありがたいのはウェディングギフトサロン。実際に商品を手にとって専門のスタッフに相談しながら引き出物を選ぶことができる。1000円代のプチギフト商品も多くプレゼント探しの強い味方。

詳細情報
表参道
サントリー美術館
6/6

サントリー美術館

東京ミッドタウン内にある美術館。「生活の中の美」を基本理念として展覧会を開催している。日本美術・工芸品では日本屈指のコレクションを誇る。館内6階には茶室があり、展覧会会期中は、隔週木曜日には点茶席が設けられ一般の人も1日限定50名、1000円で薄茶と季節の和菓子をいただくことができる。但し、展覧会観覧料は別途必要。茶室は通常非公開なので日本の様式美を体験したければ是非。また、ミュージアムショップでは所蔵品をモチーフにしたオリジナルグッズなども購入できる。

詳細情報
六本木

コメント

0 comments