東京、ベジタリアンレストラン15選

肉と魚がなくても、野菜を使った食事で満足できる店

GARDEN CAFE
GARDEN CAFE
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising
Text by 山田友理子

ヘルスコンシャスな考え方やライフスタイルが浸透するにつれ、都内に限らず全国にベジタリアンやヴィーガン、マクロビオティックの考え方を取り入れたカフェやレストランが増えている。ファーマーズマーケットや、大規模なベジタリアンフェスティバルが定着してきた今、野菜への注目はさらに増すばかり。生粋 のベジタリアンやヴィーガンの思想を持つ人でなくとも、野菜をよりたくさん食べたいと考える人が増えてきている。ここでは、自分のライフスタイルや考え方、好みに合った店を探す一助となるべく、東京における15店のヴェニューを紹介する。なお、100%ベジタリアンではないも含んでいるが、メニューの選び方次第では植物由来の素材だけのメニューを組み立てることも可能。臨機応変に使い分けてほしい。

レストラン, 台湾料理

健福 六本木店

icon-location-pin 六本木
ベジタリアンであるだけでなく、ニラやニンニクなどの香味野菜を使わない五葷(ごくん)の考え方を取り入れている台湾素食の店。たっぷりの野菜、大豆やこんにゃくなど植物性由来の“肉”を使った料理が中心だが、しっかりした味つけがなされており、満足度が高い。
レストラン, ベジタリアン料理

サンバゾン アサイーカフェ

icon-location-pin 広尾

スーパーフルーツとして人気を集めるアサイーのグローバルブランド、『サンバゾン™』のオフィシャルカフェ。最高品質のアサイーを使用し、本場のレシピを忠実に仕上げたアサイーボウルやスムージーを提供する。そのほかにも、ミートフリーな『アボカドグリーンベジバーガー 』など、ベジバーガーが食べられる。

Advertising
レストラン, ビーガン料理

meu nota

icon-location-pin 高円寺
高円寺駅から歩いて5分ほど、商店街を一本入った路地にあるヴィーガンカフェ。『黒豆のハモス』や『おつまみファラフェル』など、素材の組み合わせや、スパイス使いのセンスが秀逸なだけでなく、リーズナブルな価格と満足できる料理のポーションがうれしい。
レストラン

[閉店]からんころん食堂

icon-location-pin 代々木上原

代々木上原駅向かいにある小さな店だが、ここは野菜、豆、乾物を上手に使った総菜を盛り込んだ『定食』を終日楽しめる小さな食堂。ヴィーガンを全面に出しているわけでないが、基本的に肉と魚を使わない料理が中心。メニューによっては、卵や乳製品を使うものもある。

Advertising
レストラン, イタリア料理

リトルクチーナ ユメ

icon-location-pin 春日

田端駅と西日暮里駅の中ほど、住宅地の中に構える全6席の小さなイタリア料理店。料理には、肉、卵、乳製品(軽めのチーズのみ使用の場合あり)、マーガリン、サラダ油、精製糖、黒糖、イースト、合成着色料、食品添加物を使っておらず、ひと皿ひと皿に素材本来の味わいをいかした丁寧な仕事ぶりが表れている。ベジタリアン向けの料理も対応可。

Advertising