東京、セネガル料理4選

浜松町や吉祥寺で知る、西アフリカの美味

アフリカ大陸の西端に位置するセネガル。首都のダカールがパリダカール・ラリーのかつての終着点だったことや、ジャンベなどを使った民族音楽が有名だ。2018年サッカーワールドカップの日本の対戦相手になったことで、興味を持った人も多いのではないだろうか。東京都内にはセネガル料理店が数軒あるので、試合前に対戦国の料理を食らい、景気付けしてみてはどうだろうか。セネガルも米を使った料理が多いので、日本人の下にも合うはずだ。魚などを使った炊き込みご飯「チェブジュン」や鶏肉とタマネギを使った「ヤッサプレ」などの伝統料理を味わえるレストランを紹介する。

ブルーバオバブ アフリカ

東京タワーのふもとにある、アフリカがテーマのカフェバー。セネガルのハイビスカスジュース『ビサップ』や、スパイスコーヒーの『カフェ トゥーバー』、南アフリカのワインなど、アフリカンドリンクが充実。スポーツ観戦や語学勉強会など、様々なイベントも開催している。豚肉とアルコールを使用しないハラルフードのセネガル料理メニューもあるが、ない場合もあるので、確実に食べたい場合は予約をしていくことをおすすめする。

東麻布

レストラン カラバッシュ

アフリカの食や音楽に興味があるなら、浜松町のカラバッシュ(Calabash)は一度は行っておきたい。同店は、旅行業界に長年携わってきたオーナーが、観光では味わえないアフリカ文化の深みを伝えるべく2005年にオープンした。マリ、セネガル、コートジボワールを中心に、アフリカ大陸の様々な国の文化を紹介している。料理は『クスクス』や『ヤッサ』などの定番をはじめ、セネガルの魚の炊き込みご飯『チェブジェン』、西アフリカの揚げ餃子『サモサ』など、あらゆる地方のアフリカ料理が用意されている。とことんアフリカ気分に浸りたい人は、ライスの代わりに、ヤムイモをついて餅のようにした『フーフー』を頼むと良い。

浜松町
Advertising

ティエスカフェ

江戸川区瑞江の住宅街にある、土日のみ営業している小さなカフェ。良質なエチオピアの豆を使ったオリジナル焙煎コーヒーや、バオバブジュースなどのセネガルドリンクを提供する。食材にこだわったフードメニューは、クロックムッシュなどの軽食や、白米に鶏肉とタマネギソースを盛り付けたヤッサプレ、カレーに似たピーナツバターとトマトベースのマフェなど、代表的なセネガル料理を味わえる。砂糖不使用のハチミツで作ったマフィンなど、スイーツメニューも健康志向だ。晴れた日にはオープンテラスでゆっくりするのもいいだろう。

江戸川区

アフリカ大陸

アフリカ各国の料理を楽しめるバー、レストラン。小さめの店内は、アフリカの工芸品や楽器、インテリアなどが飾られ、独特の雰囲気を感じることができる。人気ナンバーワンのメニューは、セネガル家庭料理の『ヤサ』(1,000円)。チキンとオニオンをレモンでマリネードした、爽やかなソースが決め手の一品で、日本人の口にも合う味。ほかにも、同店でしか食べられないディープなメニューも多数揃い、現地で人気のビールや地酒なども用意されている。週末に行われる、アフリカンミュージックのライブ演奏も必見だ。

吉祥寺
Advertising

腹ごしらえ後はバーで観戦

東京、サッカー観戦ができるバー20選

サッカーワールドカップロシア大会の開催が迫ってきた。全世界が注目する4年に1度の祭典だ。当然だが試合観戦は、家で1人でするより、友人や恋人とした方が楽しい。飲み屋でビールを片手に、店内のテレビモニターに見入り、一喜一憂する時間は格別だ。日本代表に声援を送るもよし、ゴタゴタ続きの自国は見捨てて他国に注目するもよし。うまいビールと共にサッカー観戦ができる都内のスポーツバーを紹介する。

By Hiroyuki Sumi

コメント

0 comments