Tokyo x LA
Photos: Louie Martinez/Unsplash, Jake Blucker/Unsplash

JAL系列のLCCジップエア、成田〜ロサンゼルス路線就航を発表

12月25日から、最低2万7,500円でアメリカへ

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

格安航空会社(LCC)、ジップエア・トーキョーが2021年11月12日、成田〜ロサンゼルス間の路線の就航を発表した。ジップエアは日本航空(JAL)傘下でソウルやバンコク、シンガポールを結ぶ路線を就航しており、同社系列のLCCがアジアと北アメリカ本土の都市を結ぶのは初だ。

ロイターの報道によると、ワクチン接種が進み、入国制限緩和も進んでいることを受けて旅行客をいち早く取り込むのが狙い。今後も客足を見ながら、西海岸の都市への就航も検討するという。

ジップエアは日本航空(JAL)傘下でソウルやバンコク、シンガポールを結ぶ路線を就航しており、同社系列のLCCがアジアと北アメリカ本土の都市を結ぶのは初だ。

従来型の旅客サービスを提供するJALブランドの『フルサービスキャリア(FSC)』はコロナ禍からの回復に苦しんできた。ロイターは今回の背景として、感染収束後もすぐにはビジネス需要の回復は見込めないという見通しの下、料金に敏感な顧客層を中心にした観光などの需要から回復するという経営判断があると予想している。

今回の就航に際しては、入国時に必要な健康証明などの条件を確認できるアプリケーション『VeriFLY』も導入される。登録情報に基づいて渡航資格が画面上に表示され、チェックイン時に提示すればスムーズに搭乗できる仕組みだ。

チケットは既に発売中で、公式ウェブサイトから購入できる。就航は12月25日(土)から週3日往復、料金は2万7,500円から。

関連記事

 政府、外国人の新規入国制限緩和へ

オーストラリアが国境閉鎖措置を緩和

インドネシアのバリ島、日本などから観光客受け入れ再開へ

タイ政府、11月1日から日本の入国隔離免除へ

3回目のワクチン接種、希望者全員を対象とする方針

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告