Chila Burman, Winter Commission, Tate Britain, photo: Joe Humphrys
Chila Burman, Winter Commission, Tate Britain, photo: Joe Humphrys

ロンドンのテート・ブリテンが光のアート展示を1カ月延長

コロナ禍でもコミッションを実施、きらめきを提供

作成者:
Eddy Frankel
広告

ロンドンの美術館やギャラリーは全部閉鎖されているが、テート・ブリテンは違うようだ。同美術館では、毎年実施している冬季コミッションワークの新作を2020年11月に発表。

同美術館の正面玄関には、今季のコミッションアーティストであるシーラ・クマリ・バーマンが手がけた、ヒンドゥー教の祭り「ディーワーリー」を祝うイルミネーション作品が設置されている。ロンドンの年末年始を彩ったこの作品は、当初2021年1月末までの公開予定だったが、うれしいことに、2月末までの延期が最近発表された。

Chila Kumari Sigh Burman winter commission at Tate Britain
Photograph: Tate, Joe Humphrys
Chila Kumari Sigh Burman winter commission at Tate Britain
Photograph: Tate, Joe Humphrys

バーマンが得意とするのは、変幻極まりない、ごちゃごちゃで超カラフルな作品。テートモダンで発表されたこの壮大な作品は、神話、ポップカルチャー、フェミニズム、そして光の巨大なコラージュ。見えるのは、ネオンであり、ボリウッドであり、そしてきらめきだ。この作品は今の厳しい時期を頑張り通すための励ましを与えてくれているといえる。

展示が延期されたことで、この作品が冬の間の「光」をもう少し届けてくれることになる。こんなに最高なことはないだろう。

原文はこちら

関連記事

世界の美術館のアートマスク9選

オノ・ヨーコ、新作をメトロポリタン美術館の入り口で公開

ロンドンでペニーファーシングが流行中

約1万匹が生息していると推測、ロンドンに多くのキツネがいる理由

ロンドン博物館が「トランプベイビー」バルーンを収蔵

最新ニュース

    広告