SilkAir
Photograph: SilkAir Phuket, Thailand. January 11, 2019. SilkAir Boeing 737-800 Reg.9V-MGP over Mai Kao Beach on Short Final Approach for Landing at Phuket International Airport with Blue Sky.

シルクエアー、シンガポール航空と正式に統合

30年以上続いたブランドに終止符

https://d32dbz94xv1iru.cloudfront.net/customer_photos/139e243a-0933-4ad8-8bf8-63bb7c28470b.jpg
テキスト:
Dewi Nurjuwita
広告

2021年1月28日、シンガポールの地域航空会社であるシルクエアー(日本では一時期、広島に就航)がFacebookへの投稿で、同社が運航を終了し、シンガポール航空と統合することを正式に発表した。両社の統合については2018年以降、たびたびニュースになっていたが、この発表により、シンガポール航空のグループ会社ではあったが独立したエアラインとして30年間営業を続けてきたシルクエアーのブランドが消滅することが確実になった。

シルクエアーが保有していた9機のボーイング737-800型機は、順次新しく塗装、座席も張り替えて生まれ変わる。そして客室乗務員たちも、シンガポール航空の象徴であるサロンケバヤを着用して業務に当たる。

機内食メニューもアップグレードされ、移行後は、シンガポール航空のシェフチームが作る食事がさらに多くの路線で利用できるようになる。例えばビジネスクラスでは、3時間半以上のフライトでフルーツとチーズ、5時間以上のフライトではシンガポール航空名物のサテーが、ランチとディナーに付いてくる。

また、どのクラスでも食事の飲み物にワインを選ぶことが可能になる。ビジネスクラスで選べるのは、ワインのセレクションで定評があるシンガポール航空が厳選した、最高の赤、白、シャンパンとなる。

シンガポール航空の公式ウェブサイトに掲載された声明には「30年以上にわたり、シルクエアーはシンガポール航空グループの地域航空会社として、アジア太平洋の40以上の目的地へ運航してきました。シンガポール航空と同じ装いで空へ向かい、移行の旅に出発するに当たり、私たちは新たに高い目標を持っています。どんな短いフライトで、世界レベルの空の旅を提供することをお約束します」と書かれている。

原文はこちら

関連記事

シンガポールのホーカー文化がユネスコ無形文化遺産に登録

シンガポールのチャンギ空港でグランピングが可能に

シンガポールで家庭菜園が流行している4の理由

シンガポールの独立系書店、ブックスアクチュアリーが実店舗を閉店

シンガポールの警察署跡にスターバックスがオープン

最新ニュース

    広告