六本木アートナイト2021
(C)2021 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. (C)MADSAKI/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. (C)Fujiko-Pro

村上隆らのドラえもんが街を彩る、六本木アートナイトが開催

期間は9月23~26日、デジタルコンテンツも配信中

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

今年も『六本木アートナイト2021』の開催が決定した。期間は2021年9月23日(木・祝)~26日(日)で、一部作品は鑑賞機会分散のため9月11日(土)から先行展示が始まる予定だ。

『六本木アートナイト』は国立新美術館といった文化施設にとどまらず、東京ミッドタウンや六本木商店街など街全体で現代アート、音楽、パフォーマンスといった作品を点在させ、非日常的な体験を作り上げるアートの祭典。2009年3月のスタート以来、年々発展を遂げてきており、今年のメインプログラムアーティストには村上隆を迎える。

六本木アートナイト2021
村上隆Photo by Museum of Fine Arts, Boston (C)Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

今年のテーマは「マジカル大冒険 この街で、アートの不思議を探せ!」。2020年に開催取り止めとなった『六本木アートナイト2020』や、『六本木アートナイト スピンオフ・プロジェクト』のプログラムを引き継ぐ一方、六本木アートナイト・デジタル『RAN TV』などのデジタルも取り入れ、リアルとのハイブリッドを試みる。

イベントモチーフには、村上自身が「20世紀、日本が生んだ最大のポップアイコン」と形容するドラえもんが選ばれた。生みの親である藤子・F・不二雄と村上はこれまでも数々の作品をコラボレーションしてきたが、今回は高さ10メートルもの巨大バルーン作品を制作する。

六本木アートナイト2021
六本木アートナイト2021 メイ ン・プログラム<六本木ヒル ズアリーナ展示予定作品>(C)Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

村上がキュレーションした参加アーティストは、MADSAKI/マサキ 、タカノ綾、大谷工作室など12組。彼らも「ドラえもん」をテーマとした新作に挑むという。伝説のアイコンを通して、六本木の街とどのようなコラボレーションが実現するのかぜひ期待したい。

Photo by RK(IG: @rkrkrk) ©MADSAKI/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
MADSAKI/マサキ

なお、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、「密」を避けるために従来のオールナイト展示は避け、開催日程も例年の1晩2日から3晩4日に拡大されるので、急がなくても大丈夫。人混みを避けてゆっくりと夜を楽しもう。

『六本木アートナイト2021』の詳細はこちら

テキスト:長谷川あや

関連記事

日本のおしゃれ70年分をひもとく展示が国立新美術館でスタート

隈研吾の個展が開幕、ネコ目線で見直す都市など5つの見どころを紹介

国立科学博物館で「植物 地球を支える仲間たち」を楽しむ5のこと

ニューヨークのMoMAで自動車をテーマにした展覧会がスタート

ゴッホやルシェの作品をプリントしたマスクがMoMAからリリース

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告