楽天ファッションウィーク東京 2023 S/S
画像提供:一般社団法人 日本ファッション・ウィーク推進機構

テーマソングは向井太一が担当、「楽天ファッションウィーク2023 S/S」が開催

フィジカルでは27ブランド、デジタルで22ブランドが参加

編集:
Genya Aoki
寄稿: Kanae Yamada
広告

国内最大級のファッションの祭典である「楽天ファッションウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)2023 S/S」が、「渋谷ヒカリエ」と「表参道ヒルズ」を拠点にこの夏も開催される。2022年8月29日(月)〜9月3日(土)の6日間に、全49ブランドがランウェイショーやインスタレーション、デジタルでそれぞれのクリエーションを披露する。

キービジュアルを制作したのは、コラージュ作家の五反田和樹。テーマソングは、自身もファッションが大好きというシンガーソングライターの向井太一が手がける。共に8月に公開予定だ。

楽天ファッションウィーク東京 2023 S/S
画像提供:一般社団法人 日本ファッション・ウィーク推進機構「フェティコ」

ファッションショーを行うのは、楽天が日本のファッションブランドを支援するプロジェクト「by R」で選ばれた「ヨシオクボ(yoshiokubo)」「アンリアレイジ(ANREALAGE)」のほか、一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構が新たに発足した新ブランドサポートプログラム「JFW NEXT BRAND AWARD 2023」でグランプリを受賞した、舟山瑛美によるブランド「フェティコ(FETICO)」が登場する。

「ファッションを通してできるSDGs」施策から、ユニフォームウエアのデザイン集団「ハイドサイン(HIDESIGN)」「クリスチャンダダ(CHRISTIAN DADA)」の元デザイナーによるユニセックスブランド「ベイシックス(BASICKS)」がサステナブル素材を用いてショー形式で発表するのも見逃せない。​​

国が推進する「日本博」の一環として、新鋭ブランド「クードス(kudos)と「スドーク(soduk)」を手がける工藤司、 「エムエーエスユー(MASU)」、「ワタルトミナガ(WATARU TOMINAGA)」のショーも組み込まれた。詳しいスケジュールは公式ウェブサイトでチェックしてほしい。

楽天ファッションウィーク2023 S/S
画像提供:一般社団法人 日本ファッション・ウィーク推進機構

コレクション発表の場以外でも、「DIGITAL VOICE」という取り組みの中で、参加ブランドを着用したモデルやクリエーターのスナップ、国内外のファッショニスタによる注目ポイントなどを紹介するレコメンド企画などが行われ、ファッションウィークをさらに盛り上げる。

なお、今回から事前参加登録や「QRコード」でチェックイン可能なデジタルインビテーションサービス「WeCALL」 を導入。よりスムーズで非接触型の入退場ができる。感染対策を万全にして、東京ファッションの今を楽しもう。

関連記事

楽天ファッションウィーク東京 2023 S/S

新たなアート交流場、300以上のギャラリーが「ギンザ シックス」に集結

村上隆主催の新人アーティスト発掘イベント「GEISAI」が参加者を募集中

鈴木敏夫とジブリ展でしかできない6のこと

舞踏家の勅使川原三郎が「ヴェネチア・ビエンナーレ・ダンス」で金獅子功労賞を受賞

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら  

最新ニュース

    広告