tokyo
Photo:ラテすけ(写真AC)

最大1万1,000円分の補助、政府が全国向けの観光支援策発表

早ければ7月前半から実施、1人1泊当たり40%割引

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

政府は2022年6月17日、新たに『全国を対象とした観光需要喚起策』の概要を発表した。観光庁の発表によると、旅行需要の分散や地方への観光に配慮して、割引率と割引上限額などを新たに設定。6月中の感染状況を見極めた上で改善が確認できれば、7月前半から実施し、盆など最繁忙期を避けて当面8月末まで継続する予定だ

新たに設けられる割引率は、旅行者1人1泊当たり40%。上限となる料金は、鉄道やバス、航空などの交通手段が付属する旅行で1泊当たり8,000円、そのほかは5,000円となる。

土産物店、飲食店などで使えるクーポン券も発行される。平日3,000円、休日1,000円で設定しており、宿泊補助と合わせて、1人1泊当たり最大1万1,000円の補助が受けられることになる。

なお、同事業は地域観光事業支援である『県民割』とは異なり、全国一律で国が観光を支援する。今回の事業に併せて、『県民割』の期間も7月14日(木)付け宿泊分まで延長されることが決まっている。

関連記事

都民割「もっとTokyo」に対応、無料の「駅前PCR検査」を紹介

都民割「もっとTokyo」が再開、1泊当たり5,000円が割引に

平日最大60%割、横浜の観光復興クーポンが6月1日から販売再開

日本橋にどぶろくのブルワリーパブ、「平和どぶろく兜町醸造所」がオープン

2022年、ハネムーンで人気の行き先はイギリス

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら  

最新ニュース

    広告