kyoto
Photo:自然(写真AC)

政府、Go To トラベル再開2022年1月以降の方針

中小ホテルや平日利用図るよう制度変更も

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は2021年前半に比べると大幅に減少、9月には緊急事態宣言も解除された。これを受け、政府は2020年12月以来、休止となったまま『Go To トラベルキャンペーン』を2022年1月以降に再開する方針を固めた。

毎日新聞の報道によると、観光業者の早期再開を求める声があるものの、新型コロナウイルス感染症重症化を防ぐ経口薬『モルヌピラビル』が年内に実用化されるかを見極める必要があることを考慮して、時期を決定した。政府は経口薬の実用化を年内をめどに急いでおり、時事通信11月11日、厚生労働省による薬事承認後には160万回分の供給を受けることを、アメリカ製薬大手のメルクと政府で合意したと報じている。

同キャンペーン再開の際には、ワクチン接種済みの有無やPCR検査の陰性証明を活用する。また、休止前には予約が大手や高級ホテル、土・日曜に集中したという指摘を踏まえて、今後は中小のホテルや旅館、平日利用で特典が増す制度設計を行うともいう。

関連記事

 政府、外国人の新規入国制限緩和へ

オーストラリアが国境閉鎖措置を緩和

インドネシアのバリ島、日本などから観光客受け入れ再開へ

タイ政府、11月1日から日本の入国隔離免除へ

3回目のワクチン接種、希望者全員を対象とする方針

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告