courtesy of Gucci
Courtesy of Gucci

レストラン併設のグッチが銀座並木通りにオープン

日本初のオーダーメイドサービスのほか、三つ星に輝くシェフ監修のレストランが入居

https://media.timeout.com/images/105811810/image.jpg
テキスト:
Mari Hiratsuka
広告

イタリアのファッションブランド『GUCCI(グッチ)』が2021年4月29日(木・祝)、銀座で2店目のフラッグシップショップとなる、グッチ並木をオープンする。 同店は、1964年に『GUCCI』が初めて日本で店舗を構えた地である並木通りに位置し、独自のコンセプトで厳選したアイテムと日本初のオーダーメイドサービスのほか、レストランが併設する店舗になる。

courtesy of Gucci
courtesy of Gucci

店内は4フロアで構成され、厳選したアイテムをそろえるほか、年内にはレストラン、グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラもオープンする予定だ(4月29日にオープンするのは1階と2階のショップスペース)。

オープン記念のコラボレーションも

オープンを記念して、長年にわたり『GUCCI』とコラボレーションをしてきた絵本作家のヒグチユウコがオリジナル作品を描き下ろした限定コレクションの発売に加え、ヒグチユウコによるアートワークが並木通りに面したファサードを飾る。  

日本初の空間が登場

秋には、3階に「Gucci Apartment」と名付けられた、完全予約制でオーダーメイドができるサロンがオープン。日本では初の試みとなり、『GUCCI』の家具や室内装飾品をゆっくりと体感できるショールームとして、サービスを提供する。

courtesy of Gucci
courtesy of Gucci

注目はミシュランの三つ星のレストラン

同ビル4階にはレストラン、グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラのオープンも予定している。ミシュランの三つ星に輝くシェフ、マッシモ・ボットゥーラの名前を冠したこのレストランは、イタリアのフィレンツェ、アメリカのロサンゼルスに続く世界3店目。ボットゥーラとフィレンツェにあるグッチ オステリアのヘッドシェフ、カリメ・ロペスが共同監修を務める。

同じく、並木通りにリニューアルオープンした、ルイ・ヴィトン銀座店など近年、服を売るのみではなく、レストランやカフェを併設する高級ブランドが増加している。並木通りでのレストラン選びがますます楽しくなってきた。

関連記事

銀座のルイ・ヴィトンに世界で2番目のレストラン&カフェがオープン

大阪に世界初となるルイ・ヴィトンのレストラン&カフェが誕生

山奥に眠るメタボリズム建築の傑作が宿泊施設へ

ロマンスカーミュージアムを楽しむ5のこと

東京のベストパブリックアート

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告