Photo by David Clode on Unsplash
Photo by David Clode on Unsplash

オーストラリア、12月1日から隔離なしで日本人受け入れの見通し

ワクチン接種済みなどが条件、ワーキングホリデービザ取得者も免除へ

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

オーストラリア政府は2021年11月22日、日本国籍者の隔離なしでの入国を認めると発表した。実施は12月1日(水)から。さらに、同日からワーキングホリデービザやホリデービザを持っている人も免除の対象となる。今回の発表は、政府による段階的な国境再開の一環で、すでに21日にはシンガポールからの入国者の隔離免除を行っている。

免除の条件として、ビザの取得とワクチン接種済みであること、接種証明書の提出、渡航3日前までにPCR検査を受けて陰性証明書を提出することなどが求められる。また、ニュー・サウス・ウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域からの入国に限られるので注意が必要だ。

オーストラリア政府観光局は旅行需要回復に向けて、カンタス航空、ジェットスター航空、全日本空輸、日本航空などとも提携して新たなキャンペーンも予定しているという。

渡航に際しては、オーストラリア政府内務省の公式ウェブサイトで詳細を確認してほしい。

関連記事

オーストラリアが国境閉鎖措置を緩和

インドネシアのバリ島、日本などから観光客受け入れ再開へ

2021年、世界のベストシティランキング

タイ政府、マヤビーチの観光再開へ

日本への入国者、待機期間を14日から10日に短縮へ

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら  

最新ニュース

    広告